雷電山・湯内川~朝日温泉=2016年8月7日

雷電山・湯内(ユーナイ)川~朝日温泉=2016年8月7日

◆メンバー
ごっとん、ふなこっし、まっちゃん、サイ、りん、kuroneko(6人)
◆タイム
雷電温泉脇公共駐車場8:45➡F1下9:05➡F1上9:55➡人工物(鉄橋)12:40➡朝日温泉13:05<下山>

海抜ゼロmからの「純登山」。後方に見えるのが、無人化が進む雷電温泉郷
a0141678_20342611.jpg



 江戸時代、「蝦夷地三険」と言われた険しさで知られた内陸交通路がある。礼文華山道、猿留山道と、そして雷電山道だ。この雷電山道は、雷電海岸が人や馬の通行を阻む地形であるため、尻別川流域から雷電峠を越えて岩内を経由し、積丹半島や小樽方面に抜ける交通路として、多くの人や物資が行き来した「いにしえの道」である。
  その道中にあるのが、弘化元年(1844年)創業の朝日温泉。温泉の前を流れていたユーナイ川(湯内川)にちなみ、かつては「ユーナイの茶屋」「ユーナイの温泉」とも呼ばれていたという。
 今でこそ、海岸沿いには国道229号が整備され、容易に行き来できるが、その昔はこの山道が使われ、その中継地として朝日温泉が重要な位置づけとなっていたのだ。1960年代前半発表(時代設定は1947年)の水上勉の小説『飢餓海峡』、その映画版にも登場する名湯である。
 『飢餓海峡』の中では、「湯内川という川の渓間(たにま)にある小さな温泉」「ニセコではまあ、昆布、新見、朝日とわりと著名な温泉の一つです。しかし、五、六軒しか宿はありません」「三軒目にこの村で一ばん大きいといわれる朝日館と看板のかかった宿に入った」と記されており、かつては小集落をなしていたということなのだろうか。現在の朝日温泉の「山奥」感から考えるに、フィクションなのか、事実なのか、気になる。
 国道沿いにある雷電温泉郷は、国道が開通した1963年以降の開業というから、内陸にある雷電山道上の朝日温泉のほうがはるかに古い歴史を誇っている。
 歴史ある朝日温泉(宿泊定員20人)は2010年7月末、集中豪雨で建物一階内部に土砂が流れ込み、休業に追い込まれた。
 当初は営業再開目指して管理人さんが復旧工事をしていたようだが、玄関や窓は板が打ち付けられたまま。ホームページには「休業中」となっており、現時点では廃業ではないようだ。
 ただ、海岸沿いの雷電温泉郷はかつて温泉宿9軒が営業していたそうだが、現在は海が見える露天混浴、内風呂半浴で知られる「三浦屋旅館」1軒のみが営業)という状況で、その4㌔奥地にある朝日温泉がうまく営業再開にこぎつけることができるのか、少々不安を覚えざるを得ない。逆に山奥のひなびた歴史あふれる名湯ということをウリにして、秘湯が復活できないものか。温泉を所有する札幌のIT企業に期したい。
 海岸沿いの雷電温泉郷も、国道沿いという好立地条件を生かし、何とか細々とでも営業を維持できればよいのだが。ロケーションが素晴らしいだけに、廃墟化が進んでいる現状は見るに忍びない。

この日の軌跡。地形図上では陸地になっている海岸沿いの岩盤帯の一部は満潮時には海となる
a0141678_20295117.jpg



 雷電海岸の波打ち際を6人で海を渡り(3人は泳ぎ、3人は岩壁をへつる)、雷電の歴史を刻んできた湯内川を朝日温泉まで遡行した。この日は道内各地で気温が30度以上まで上がり、遡行には絶好の天気となった。

 スタート地点は、雷電温泉郷脇の公共駐車場。朝日温泉に車1台をデポさせてもらい、この駐車場を発着地点とした。

 湯内川遡行は海、川とも濡れが必定であるため、暑くなる8月がベストかと思われる。干潮に合わせて行けば海岸沿いは泳ぐまでもないが、「純登山」を実感するには海を行くのも悪くない。
ただ、この時期の湯内川中流域~朝日温泉周辺のアブは半端でない。気温が上昇すると、執拗な「総攻撃」を受ける可能性があるためアブが不活発な早めの出発、虫対策は怠れない。半袖はやめた方がいい。(by kuroneko)

動画(序盤の海岸沿いを中心に)


国道を挟んで駐車場の向かいに、海岸に降りる階段が設置されている
a0141678_2030162.jpg

しばらくは海岸沿いの岩場を行く
a0141678_20304349.jpg

a0141678_2031391.jpg

3人は岩場沿いの海を行き、3人は岩場をへつって、湯内川の河口へ
a0141678_20312335.jpg


河口から見たF1
a0141678_20315810.jpg


右岸側にハーケン1本打って支点を取った
a0141678_20371161.jpg


F1の途中からの光景。結構な水流だ
a0141678_20353077.jpg


F1を登り、旧国道までさらにもう一登り
a0141678_2356515.jpg

旧国道まで上がると、こんな景色が待っている
a0141678_20364341.jpg

やがて、封鎖された「弁慶トンネル」と「雷電隧道」の切れ目の旧国道に出る。
岩内側から見て「弁慶トンネル」出口
a0141678_2036318.jpg

岩内側から見て「雷電隧道」入り口
a0141678_625011.jpg


あとは、こんな渓相になる
a0141678_2038462.jpg

a0141678_20382493.jpg

a0141678_20385836.jpg

a0141678_20391829.jpg

a0141678_2039398.jpg


この人工物出てくれば、ゴールまであと20分くらいだ
a0141678_204082.jpg


ゴール前の最後の滝を行く
a0141678_20404255.jpg


ゴールの朝日温泉
a0141678_2041235.jpg

a0141678_1124266.jpg

[PR]

# by babishe2009 | 2016-08-08 20:32 | | Comments(0)

三峰山沢~富良野岳(1912m)=2016年7月31日

三峰山沢右俣~富良野岳(1912㍍)=2016年7月31日

赤い岩盤のスラブが特徴的な沢だ
a0141678_20461519.jpg


◆メンバーフナ、ごっとん、福ちゃん、おいちゃん、ミウラー、今じい、kuroneko(7人)
◆タイム白銀荘5:30➡バーデンかみふらの脇6:02➡三峰山沢二股7:30/7:46➡九重ノ滝下部7:55/8:50(Ⅿさんがケガ、応急処置)➡華雲ノ滝10:08/10:25➡稜線<三峰山・富良野岳の分岐>12:25/13:05➡凌雲閣横駐車場14:30<下山>

この日のエッセンス


この日の軌跡
a0141678_20465016.jpg


 カミホロカメットク山(1920㍍)~三段山(1744㍍)を源流にしたヌッカクシ富良野川は、「バーデンかみふらの」脇で、富良野岳~上富良野岳(1891㍍)を源流にした三峰山沢と合流する。富良野岳~上富良野岳の中間峰が三峰山(1866㍍、さんぽうざん)であり、この山名が沢名の語源になった沢だ。したがって、一部ガイド本の記載「みつみねやまざわ」は誤りで、「さんぽうざんさわ」が正しい読みである。左俣は上富良野岳へ、右俣は富良野岳に登るルートになる。左俣より右俣の方が難易度は高い。
 7月30日、白銀荘に7人が集結して、夜は楽しい時間を過ごした。明けて31日は午後からは雨が降ってもおかしくない状況であり、午前中勝負と考えた。「華雲ノ滝」通過までに豪雨にならなければ何とかなると判断した。
 白銀荘出発時、青空が広がっているが、富良野岳上方には雲がかかっていた。

バーデンかみふらの脇から道道を少し下がって入渓点へ
a0141678_2142850.jpg


 下山口になる凌雲閣脇駐車場に車1台をデポし、バーデンかみふらの脇駐車帯を起点とした。道道を少し下がり、積雪期のジャイアント尾根の登り口の徒渉地点からヌッカクシ富良野川と三峰山沢を渡って三峰山沢左岸の林道跡を行く。途中、4つの堰堤を左岸側から越えたあと、最後の5つ目の大きな堰堤を越えた先が左俣と右俣を分かつ二股だ。

最後の堰堤を越えれば二股だ
a0141678_2151114.jpg


三峰山沢の二股から見た「九重ノ滝」
a0141678_2048306.jpg


 二股の河原にでると、目指す右俣の出だしの難関、九重ノ滝が行く手を阻むように見える。
なかなかの迫力で、メンバーから「これ、登れるの?」という声が上がる。が、斜度はほどほどのスラブであり、フリクションを効かせれば何とかなる。が、スリップすれば相当な距離を落下することになるので、この沢でもっとも神経を使うポイントになる。

九重ノ滝SHOTS
a0141678_20493849.jpg

a0141678_20495410.jpg
 
a0141678_2053369.jpg



 赤い岩盤のスラブがいくつも断続しているので、「九重」ということなのだろうが、どこからどこまでが「九重ノ滝」なのか判然としない。出だしからしばらくの間、大小の滝、ナメ床とナメ滝が断続する。
 「九重ノ滝」出だしの概ね向かって左側(右岸)沿いにルートを取るが、出だしの2段目の登りで、4人が平坦地に達したあと、上方からこぶし大の石が落下してき、Mさんの口元に当たり、出血。Kと2人で約5mクライムダウンして最下部まで下がり、現況を判断。幸い、骨、歯には影響はなかったが、唇の上が1.5㌢くらいの裂傷。とりあえず止血し様子を見る。上方に上がった5人に無線で状況を伝える。抗生剤を車に置いてきたことなどから、①撤退、②パーティーを継続と撤退の2つに分けるーことなどを考えるが、医師でもあるMさん自身の検分、意向も踏まえ、山行継続とした。

九重ノ滝から上は断続的にナメ滝、ナメ床が連なる
a0141678_20543912.jpg

a0141678_215579.jpg

a0141678_2161899.jpg

a0141678_2163873.jpg


 現場に小1時間とどまったあと、九重ノ滝をさらに登って、その後のナメ床&ナメ滝帯を行くと、やがて、20㍍と10㍍の2連滝「華雲ノ滝」が姿を見せる。

「華雲ノ滝」
a0141678_20551283.jpg


左岸につけられた巻き道(踏み跡)を使って15分で滝の上に出る。この巻き道上からは稜線に至る沢筋の全容が見渡せる。若干雲がかかっているが、割合きれいにのぞめた。

「華雲ノ滝」高巻き時から見た源頭の光景
a0141678_20561019.jpg


やがて雪渓帯が断続する
a0141678_20564780.jpg

a0141678_205738.jpg


 Mさんのケガのこともあったので、できるだけ早い下山を考え、山頂方向のお花畑は目指さず、登山道への最短距離を狙って沢筋を進み、お花畑の脇を詰めて、ハイマツこぎ15分で登山道へ。富良野岳山頂往復もカットし、あとは登山道を凌雲閣までたどった。

源頭のお花畑帯を行く
a0141678_20573886.jpg


登山道まで、ハイマツ林をこぐ
a0141678_21114493.jpg


登山道に出て夏山にシフトチェンジ、下山へ
a0141678_20583367.jpg


 この日は前日に続き、北海道北方の低気圧に向けて南から温かく湿った空気が入り込み、大気が不安定となり、上川管内で局地的に雨雲が発達。昼過ぎには十勝岳連峰山麓の上川管内美瑛町で1時間当たり90㍉の記録的豪雨となり、14時半ごろ、上富良野町で河川が氾濫、床上・床下浸水被害も出たという。稜線付近に出た時の遠雷がその名残だったと思われるが、われわれは山行中雨にも当たらず、富良野岳周辺はさほどの雨は降らなかったと思われる。局地的に入り込む雨雲の妙というべきか。
[PR]

# by babishe2009 | 2016-08-01 20:50 | | Comments(0)

コイボクシュメナシュンベツ川~楽古岳(1472m)=2016年7月24日

コイボクシュメナシュンベツ川右股~楽古岳(1472㍍)=2016年7月24日(前泊・楽古山荘)

◆メンバー
フナ、イナ、半ちゃん、kuroneko(4人)
◆タイム
楽古山荘5:22➡c530二股6:19/6:30➡c780二股8:00/8:25➡c1280ドラム缶10:35➡札楽古への登山道11:02➡楽古岳山頂11:18/11:59➡楽古山荘14:10

コイボクシュメナシュンベツ川の核心部はc780から連なる連瀑登りだ。これでもか、これでもかと滝が連なる。ザイル不要な易しいクライミングだが、滑ったら転落距離が長くなる。ミスは許されない。
a0141678_094622.jpg



 コイボクシュメナシュンベツ川は、アイヌ語を思いっきり咀嚼して解釈すれば、「東西を流れる川の西の川」という意味を持つ川だ。メナシュンベツ川(東西を流れる川)のコイボク(西側の)川を意味していると思われる。
 しかし、国土地理院の地形図では長い間、「ニクボシュメシュウベツ川」という意味不明の表記が付けられていた。浦河町が役場にあった手書き原図に書かれていた表記を国土地理院に伝える際、誤った表記で伝え、それが長く地形図上で生きていたというのが真相だ。手書きゆえの間違いだ。記載間違いなのか、判読間違いだったのかは定かではない。日高山脈の登山路ルート開拓をしてきた北大山岳部のOB組織「北大山の会」が2012年7月、国土地理院に「訂正」を求めたことがきっかけとなり、同年11月、ウェブ版の地形図から訂正された経緯がある。手元にある紙地図は「ニクボシュメシュウベツ川」のままだ。
 7月上旬の計画が豪雨で登山道登山に切り替えたため、リベンジ、リトライ山行だった。久々に曰く因縁付きの沢のクラシックルートをたどり、南日高の最高峰・楽古岳を踏んだ。今月2回目の楽古岳山頂からは見事な雲海を見ることができ、胸のつかえを解消した。

◆この日の軌跡。沿面歩行距離16.451㌔
a0141678_004488.jpg


◆この日のエッセンス


◆山行記
 Ⅿ夫妻が急きょ不参加となり、4人の山行となった。
 23日17時過ぎに楽古山荘に入り、手巻き寿司の宴会準備をしていたら、HYMLのgan軍団12人が大挙到着し、一気に賑やかな夜となる。「白老川大星沢右股~白滝交流橋~白老川白老滝~三重ノ沢」遡行を終えて、24日は野塚トンネル脇の「ニオベツ川~野塚岳」に備えての山荘泊まりという。

一夜お世話になった楽古山荘。管理の行き届いた快適な小舎だ。所有する浦河町や管理する浦河山岳会には感謝の言葉しかない。山荘手前の断崖地に付けられた林道が崩壊しないで、いつまでも通行できることを祈るばかりだ。
a0141678_6244448.jpg


賑やかだったgan軍団(楽古山荘)
a0141678_03365.jpg



24日は朝からすっきりした青空が広がった。gan軍団が車で山荘前を出発後、われわれ4人もスタート。十勝岳の稜線が青空に映えて美しい。山荘前からコイボクシュメナシュンベツ川左岸の林道跡(踏み跡)を進む。十勝岳登路となる沢との分岐、c530分岐までは左岸、右岸の河畔林に踏み跡が続いている。踏み跡をたどり、しばらく河原歩きをしたあと、c600超の釜持ちの滝からが遡行本番となる。

楽古山荘からの河畔林の切れ目には草原も広がる
a0141678_621226.jpg

右上のバンドに上がれば簡単にクリアできる
a0141678_064285.jpg


このあといくつか小滝や釜が断続する
a0141678_0133052.jpg

a0141678_0135056.jpg

a0141678_014467.jpg


 その後、小滝や釜がいくつか続き、やがてc750くらいから激しい崩壊地に入り、大量の堆石が沢を埋めて、水流は伏流して見えなくなる。8年前に来た時に比べて、ここの地形の変化が著しく感じた。
 やがて水流は復活し、前方に左に大きな滝、右に斜度の緩い滝になった二股に達する。

伏流地帯(c700~780)に雪渓が残っていた
a0141678_0232525.jpg


伏流地帯の先にc780二股。右股が山頂につながる沢筋だ。沢本流はこの二股でほぼ直角に曲がる
a0141678_0204138.jpg


 GPSの位置と実地形が違っていたため、山頂に突き上げる沢がもっと手前と勘違いしてしまい、引き返しをして地形を偵察したため、30分強の時間ロスを犯す。
 結局、この二股c780の右股が正解だった。右股は出だしから怒涛のナメ滝となる。高度感のある登りは適度なクライミングを楽しめる。

c780から右股へ。怒涛の滝登りが始まる
a0141678_026456.jpg

a0141678_0262345.jpg

a0141678_0263790.jpg

a0141678_027141.jpg

a0141678_0273211.jpg


 水流が細くなるようになり、振り返れば、十勝岳やオムシャヌプリの稜線がのぞめた。

十勝岳(左)が眼前に広がる。その向こうに双耳峰のオムシャヌプリ
a0141678_0303068.jpg



 c1160付近で水流は枯れ、ガレ場を詰めて行くとc1280で沢筋に挟まったドラム缶が出てくれば、最短の正しいルートだ。

正しいルートの証と言えるドラム缶。8年前同様、残っていた
a0141678_633080.jpg



源頭の光景
a0141678_6123893.jpg

a0141678_0373029.jpg



 あとは藪漕ぎなしで札楽古から山頂に向かう登山道にぶつかる。このころには稜線の日高側は雲で覆われ、十勝平野側は一面の低い雲海が広がっていた。

稜線から見た十勝側の雲海
a0141678_0321160.jpg


楽古岳山頂にて
a0141678_034350.jpg


15分歩いて楽古岳山頂に達し、1時間近く、山頂で日高側のガスが晴れるのを待つも、ガスは晴れてくれなかった。あとは登山道を使って下山した。ちなみに、この登山道は計6回の渡渉がある。小屋に一番近い渡渉はコンクリート堤の上を行くが、あとは沢で足を濡らすことになる。

 登山道がつけられているメナシュンベツ川沿いの河畔林は、シダが生い茂り、異空間の雰囲気を醸し出している
a0141678_6143723.jpg









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]

# by babishe2009 | 2016-07-26 00:03 | | Comments(0)

平日山行部 7月企画山行

今年度より平日山行部に配属になったTKBです!
平日山行部7月の企画山行は『無意根山で激うまラーメンを食べよう!!!!かっこ
羊蹄山を見ながら激うまラーメンをみんなで頂きました〜♪(´ε` )
山頂で食べるラーメンは何でこんなに美味いんだろ〜!!!
もちろん店で食べても美味しいんだけどね!!!笑
a0141678_18440372.jpeg
a0141678_18443456.jpeg

[PR]

# by babishe2009 | 2016-07-12 18:41 | 平日山行部 | Comments(0)

お鉢平のご来光〜旭岳北斜面滑走〜中岳温泉誕生会 -2016年5月13日-14日

リーダー三浦、サブリーダーおいちゃん、メンバーおのっち
コースタイム旭岳駅23:00 - 姿見1:00 - 中岳温泉下c1780食料デポ3:10 - お鉢平c2100m 4:05 - スキーデポで間宮岳へ
- 間宮岳山頂 5:25 - 一度スキーデポ地点へ 6:00 - 熊ヶ岳お鉢滑走 7:30 - 熊ヶ岳から後旭へ滑走 8:20 - 昼寝
- 旭岳登高開始 9:15 - 旭岳山頂 10:00 - 北東斜面滑走開始 11:00 - 中岳温泉着 12:00 - しゃぶしゃぶ&誕生会
- 下山開始 14:00 - 姿見 15:15 - 旭岳駅下山 15:50
行動時間 16:50 (休憩、昼寝込み)
累積標高 1890m
距離 24.5km
a0141678_16260974.jpg



週末の好天が確定した時点でふと「お鉢平から日の出をみたい」との思いがわき上がりました。秋に道新に掲載された日の出で赤く染まる赤石川の写真を思い出したのでした。

a0141678_0591971.jpg札幌20時発、旭岳ロープウェイ22時半着、23時登山開始。13日は寒冷前線の通過があり、深夜から 未明にかけて雲が抜ける予報。ヘッドランプをつけてスタート。第二天女が原からは月没と旭川の 夜景が美しかった。

姿見からはコンパスとGPSが頼り。中岳温泉付近で少し明るくなりはじめ、食料と炊事道具 を雪に埋めたのち、間宮岳への稜線を急いで登った。次第に白む空。北鎮岳の後ろに朝焼けが映えた。
a0141678_112166.jpg

中岳分岐と間宮岳山頂の中間地点でギリギリ 日の出を拝むことができた。複雑な色に輝く空とお鉢平の雪面。5時間かけて登った甲斐があった。

a0141678_14729.jpg



安足間岳が朝日に輝き山の局面が美しいコントラストを生み出していた。
a0141678_194367.jpgしばらく鑑賞の後、スキーをデポして間宮岳山頂へ。当初の計画では、北鎮岳へ向かうつもりだったが前日の高気温で溶け、夜間に締まった雪は硬く、ピッケルなしでは急斜面登高が困難と思われたのと、間宮岳から旭岳を見たら旭岳に行きたい、との声が上がったため、一度戻 ってスキーを回収して旭岳へ向かった。

a0141678_1132638.jpga0141678_112438.jpg

間宮岳山頂。                      氷結した登山道。

a0141678_1143430.jpg

ニペソツをバックに。

a0141678_117189.jpg



トムラウシをバックに

a0141678_15394046.jpg


途中、熊が岳のお鉢があまりに楽しそうなため、一本滑走 した。

a0141678_15402797.jpga0141678_15403932.jpg


ポカポカのボトムでゴロ寝休憩の後、外輪に登り返して再度裏旭に滑走。キャンプ指定地あ たりで休憩。無風でポカポカで徹夜で眠さのあまり30分ほど雪上で昼寝。

体力復活し、雪もかなり 緩んだので旭岳北東面を登り登頂した。

a0141678_15405272.jpg
a0141678_15410430.jpg


高根ヶ原方面を望む

a0141678_15411545.jpg


a0141678_15413703.jpg
10時過ぎだったが、旭川東高校山岳部の高校生20人くらい が登頂してきた。
a0141678_15412648.jpg
姿見から1時間半もかかっておらず、速い!絶景でずっと滞在したい気持ちで長居 したが、北東斜面を滑走した。標高差500mのスキーの走るとてもよいザラメだった。a0141678_15420386.jpg
a0141678_15415174.jpgそのまま食料 デポ地点まで滑走し、食料を発掘し、中岳温泉まで登高。a0141678_16060841.jpga0141678_16062043.jpg

ここでしゃぶしゃぶで昼食。雑炊で締 め、おいちゃんの誕生会をしてケーキをいただいた。
a0141678_16054314.jpg


足湯をして、姿見まではシール歩行で戻っ た。
a0141678_16063618.jpg
スキー場を滑走して下山完了。
動画リンク下記クリック


[PR]

# by babishe2009 | 2016-06-03 08:29 | バックカントリー | Comments(0)
line

札幌発バビシェ・マウンテン・クラブの活動記録です


by babishe2009
line