<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


沙流川キャンプ&山行~①北日高岳、②雲知来内川~雲知来内岳=2016年8月27日~28日

夏の名残を楽しむー沙流川キャンプと山行で=2016年8月27~28日、日高町・沙流川オートキャンプ場

キャンプの夜はふけてゆく
a0141678_21443994.jpg


キャンプの模様(動画)


 日高山脈の最高峰・幌尻岳を最源流にした沙流川は、アイヌ語の別名で「シシリムカ」と呼ばれてきた。「川(河口)がすぐに土砂で詰まる」という意味になる。
  日高山脈では、プレートが受ける圧力の関係で山並みの西面、つまり日高側で土砂崩壊が起きやすいと言われており、とりわけ、この沙流川水系は雨が降るとすぐに濁ることで知られる。アイヌの古名には、経験則としてその因果の意が込められている。
  8月17日に台風7号、21日に台風11号、23日に台風9号―と、観測史上初めて3つの台風が同じ年、しかも同じ月に北海道に上陸した。
  特に11号は日高山脈を直撃し、日高町など日高地方で被害を出した。さらに山行後の30~31日には台風10号が北海道西方をかすめ、日高山脈周辺にも豪雨をもたらした。その結果、沙流川沿いの日高町千栄で全世帯に避難勧告が出され、雲知来内岳パーティーが渡った国道274号の千呂露橋が増水のため崩落し、国道が不通となってしまった。千呂露川はもちろん、雲知来内川もさらに荒れたと思われる。
  キャンプ場の脇を流れる沙流川は前日までの雨の影響もあって、茶色い濁流と化していた。相当な土砂を下流域に供給していることが容易に推察できる。1997年に完成した下流の二風谷ダムは完成後5年で、ダム湖の堆砂容量(ダム建設から100年間に堆積すると計算された土砂量)を超えており、自然の摂理は人知で計り知れないところがある。
 2週にまたがった大雨の余韻が残る8月27日~28日、16人が参加して、沙流川源流域にある日高町のキャンプ場で、ゆっくりのんびりキャンプの時間を楽しみ、尾根登山(北日高岳)と沢遡行(雲知来内岳)に分かれて休日を過ごした。2日間とも、事前の予報が見事にはずれ、晴天に恵まれた。
  洪水による林道崩壊や増水による濁りで、予定していたペンケヌーシ岳登山や釣りができなかったのは残念だった。キャンプを指揮したガミさん、料理に腕をふるったタミさん、食材買い出し、調理やテント、会場設営を手伝ってくれた皆さんに厚く感謝したい。
  夏のキャンプと山行をセットにした試みとして、2013年の島牧村・江の島海岸(千走川本流~狩場山)、2014年の鹿追町・然別峡野営場(幌加川五の沢~丸山噴泉塔)、2015年の上富良野町・白銀荘キャンプ場(アバレ川~美瑛岳など)に続いて企画した。短い北海道の夏、スローでメローなキャンプの時間にどっぷりと浸かり、日高らしい山に分け入るのも悪くない。
  台風10号は日高山脈の十勝側に大きな被害をもたらしたが、日高側の最奥に位置した(山)日高町千栄周辺も大きなダメージを受けた。1日も早い復興を祈りたい。

■キャンプ参加者
がみ、ひとみ、今G、ちーやん、あっきーら、あんべchan、たみ、あさみん、みやもん、まえかー、みうらー、くりぼー、福ちゃん、shogo、マリー、kuroneko=以上16人

■キャンプの模様
BBQコーナーで
a0141678_22321883.jpg

a0141678_21462413.jpg

ハンモックで寛ぐ
a0141678_22325826.jpg



以下は、28日の沢班「雲知来内川右俣~雲知来内岳(1241m)~雲知来内川左俣」の記録である。
◎雲知来内川から雲知来内岳(1241m)=8月28日
■メンバー
shogo、福ちゃん、マリー、kuroneko(4人)
■タイム
貯水池脇6:02→c500二股6:59/7:02→c680滝7:41/8:07→雲知来内岳11:08/11:22→c500二股15:23→貯水池脇16:17<下山>
右俣はこんな感じだ
a0141678_2284486.jpg

左股はこんな感じだ
a0141678_2283037.jpg


沢山行のエッセンス(動画)

 「雲知来内」と書いて、「ウンチキナイ」と読む。アイヌ語でun-chikir-nayが音韻変化して un-chikin-nayとなり、「そこにいる・足(跡)・川」という意味になるとか。
 雲知来内川は、沙流川の支流である千呂露(ちろろ)川のさらに支流になる。右俣と左俣を合わせれば、滝、ヤブコギ、ゴルジュなど日高の要素がコンパクトに詰まった沢であり、山椒は小粒でもピリリと辛い日高の沢という印象を抱く。下降に使った左俣は上流域でゴルジュ帯が続き、なかなかの景観を秘めていることを付け加えておきたい。
 沙流川オートキャンプ場で朝食を済ませ、1台の車に乗り合わせて、日高町・千栄(ちさか)の千呂露川林道へ。千呂露川はまだ茶色く濁って増水していた。千本橋手前の脇道から雲知来内川沿いにある貯水池脇に車をとめさせてもらった。前日27日に偵察した時は茶色く増水した雲知来内川は白濁色に変わり、減水していた。しかし雲知来内川林道は台風の影響をもろに受け、貯水池先で大きくえぐれていた。橋のない林道であり、林道とはいえ渡渉が連続している上、河床に大きな段差ができており、現状では車での走行は無理だ。
 貯水池~c500二股は、左岸、右岸に付けられた雲知来内川林道跡と河原歩きで小一時間かかる。ここから右俣へ。c680のF1以降、いくつか滝が出てくる。詰めは結構な斜度の根曲がり竹のヤブコギになるが、ここを我慢して頑張れば、山頂周辺や尾根上のブッシュは薄くなる。
 山頂からの眺望は残念ながら、積雪期や秋に広葉樹が葉を落とさない限り、期待できない。三角点脇に山頂標識が据えられていたが、字は色あせて判読しにくくなっていた。
 山頂からは北に延びる尾根を小一時間進み、雲知来内川左俣の左俣を下降する。急な笹や草地帯を下降していくとc900くらいで水流とぶつかり、しばし火照った体をクールダウンさせた。
 結構斜度のある小滝をシャワーを浴びながらクライムダウンするのは神経を使った。人が入っていない沢なので、浮き石、転石が多い。
  そのうち見事なゴルジュ帯と遭遇、なんだか儲けたような気分になる。なかなか見ることができないミニゴルジュ地形。マイナーな沢も捨てたもんじゃない。1カ所、両岸が切れたち、フリーでのクライムダウンができない高低差10㍍くらいの滝が出てきて、ここはハーケンを2本打って懸垂下降で降りた。
  あとは二股まで特段難しいところはない。先行記録も参考に左俣の左俣沢は下降に適していると判断してこのルートを取ったが、ゴルジュ帯の通過がカギになる。30~31日の洪水により、国道274号の千呂露橋が崩落しており、雲知来内川もさらに相当に影響を受けたとみられる。

この日の軌跡(総歩行距離=15.008㌔)
a0141678_21503115.jpg


雲知来内林道は洪水により河床が広がり、大きくえぐられていた(帰りに撮影、貯水池手前)
a0141678_223979.jpg


随所で、岩石や倒木が堆積していた。もともと崩れやすい地形に、台風3連発が加わっているゆえ、むべなるかな
a0141678_2222575.jpg


右俣c680付近の滝。高低差10m
a0141678_2254644.jpg


右俣の渓相
a0141678_2264737.jpg

a0141678_22122361.jpg

a0141678_2234273.jpg

a0141678_2212405.jpg

a0141678_2213079.jpg

a0141678_22131416.jpg


山頂稜線に出て、雲知来内岳山頂へ
a0141678_22135321.jpg


ダケカンバと笹に囲まれた雲知来内岳山頂の三角点
a0141678_22141478.jpg


雲知来内岳山頂から北に延びる尾根を行く。ブッシュはこの程度の背丈だ
a0141678_2217812.jpg


左俣c800下部でゴルジュ地形がしばらく続く
a0141678_2220318.jpg

この滝は、ハーケン2本でピンを取って、懸垂下降で下った。下部はシャワーダウンになるので右の壁をつたった
a0141678_22203159.jpg

左股にはこんなゴルジュ滝が連なる
a0141678_038353.jpg

[PR]

by babishe2009 | 2016-08-29 22:36 | 山行部 | Comments(0)

雷電山・湯内川~朝日温泉=2016年8月7日

雷電山・湯内(ユーナイ)川~朝日温泉=2016年8月7日

◆メンバー
ごっとん、ふなこっし、まっちゃん、サイ、りん、kuroneko(6人)
◆タイム
雷電温泉脇公共駐車場8:45➡F1下9:05➡F1上9:55➡人工物(鉄橋)12:40➡朝日温泉13:05<下山>

海抜ゼロmからの「純登山」。後方に見えるのが、無人化が進む雷電温泉郷
a0141678_20342611.jpg



 江戸時代、「蝦夷地三険」と言われた険しさで知られた内陸交通路がある。礼文華山道、猿留山道と、そして雷電山道だ。この雷電山道は、雷電海岸が人や馬の通行を阻む地形であるため、尻別川流域から雷電峠を越えて岩内を経由し、積丹半島や小樽方面に抜ける交通路として、多くの人や物資が行き来した「いにしえの道」である。
  その道中にあるのが、弘化元年(1844年)創業の朝日温泉。温泉の前を流れていたユーナイ川(湯内川)にちなみ、かつては「ユーナイの茶屋」「ユーナイの温泉」とも呼ばれていたという。
 今でこそ、海岸沿いには国道229号が整備され、容易に行き来できるが、その昔はこの山道が使われ、その中継地として朝日温泉が重要な位置づけとなっていたのだ。1960年代前半発表(時代設定は1947年)の水上勉の小説『飢餓海峡』、その映画版にも登場する名湯である。
 『飢餓海峡』の中では、「湯内川という川の渓間(たにま)にある小さな温泉」「ニセコではまあ、昆布、新見、朝日とわりと著名な温泉の一つです。しかし、五、六軒しか宿はありません」「三軒目にこの村で一ばん大きいといわれる朝日館と看板のかかった宿に入った」と記されており、かつては小集落をなしていたということなのだろうか。現在の朝日温泉の「山奥」感から考えるに、フィクションなのか、事実なのか、気になる。
 国道沿いにある雷電温泉郷は、国道が開通した1963年以降の開業というから、内陸にある雷電山道上の朝日温泉のほうがはるかに古い歴史を誇っている。
 歴史ある朝日温泉(宿泊定員20人)は2010年7月末、集中豪雨で建物一階内部に土砂が流れ込み、休業に追い込まれた。
 当初は営業再開目指して管理人さんが復旧工事をしていたようだが、玄関や窓は板が打ち付けられたまま。ホームページには「休業中」となっており、現時点では廃業ではないようだ。
 ただ、海岸沿いの雷電温泉郷はかつて温泉宿9軒が営業していたそうだが、現在は海が見える露天混浴、内風呂半浴で知られる「三浦屋旅館」1軒のみが営業)という状況で、その4㌔奥地にある朝日温泉がうまく営業再開にこぎつけることができるのか、少々不安を覚えざるを得ない。逆に山奥のひなびた歴史あふれる名湯ということをウリにして、秘湯が復活できないものか。温泉を所有する札幌のIT企業に期したい。
 海岸沿いの雷電温泉郷も、国道沿いという好立地条件を生かし、何とか細々とでも営業を維持できればよいのだが。ロケーションが素晴らしいだけに、廃墟化が進んでいる現状は見るに忍びない。

この日の軌跡。地形図上では陸地になっている海岸沿いの岩盤帯の一部は満潮時には海となる
a0141678_20295117.jpg



 雷電海岸の波打ち際を6人で海を渡り(3人は泳ぎ、3人は岩壁をへつる)、雷電の歴史を刻んできた湯内川を朝日温泉まで遡行した。この日は道内各地で気温が30度以上まで上がり、遡行には絶好の天気となった。

 スタート地点は、雷電温泉郷脇の公共駐車場。朝日温泉に車1台をデポさせてもらい、この駐車場を発着地点とした。

 湯内川遡行は海、川とも濡れが必定であるため、暑くなる8月がベストかと思われる。干潮に合わせて行けば海岸沿いは泳ぐまでもないが、「純登山」を実感するには海を行くのも悪くない。
ただ、この時期の湯内川中流域~朝日温泉周辺のアブは半端でない。気温が上昇すると、執拗な「総攻撃」を受ける可能性があるためアブが不活発な早めの出発、虫対策は怠れない。半袖はやめた方がいい。

動画(序盤の海岸沿いを中心に)


国道を挟んで駐車場の向かいに、海岸に降りる階段が設置されている
a0141678_2030162.jpg

しばらくは海岸沿いの岩場を行く
a0141678_20304349.jpg

a0141678_2031391.jpg

3人は岩場沿いの海を行き、3人は岩場をへつって、湯内川の河口へ
a0141678_20312335.jpg


河口から見たF1
a0141678_20315810.jpg


右岸側にハーケン1本打って支点を取った
a0141678_20371161.jpg


F1の途中からの光景。結構な水流だ
a0141678_20353077.jpg


F1を登り、旧国道までさらにもう一登り
a0141678_2356515.jpg

旧国道まで上がると、こんな景色が待っている
a0141678_20364341.jpg

やがて、封鎖された「弁慶トンネル」と「雷電隧道」の切れ目の旧国道に出る。
岩内側から見て「弁慶トンネル」出口
a0141678_2036318.jpg

岩内側から見て「雷電隧道」入り口
a0141678_625011.jpg


あとは、こんな渓相になる
a0141678_2038462.jpg

a0141678_20382493.jpg

a0141678_20385836.jpg

a0141678_20391829.jpg

a0141678_2039398.jpg


この人工物出てくれば、ゴールまであと20分くらいだ
a0141678_204082.jpg


ゴール前の最後の滝を行く
a0141678_20404255.jpg


ゴールの朝日温泉
a0141678_2041235.jpg

a0141678_1124266.jpg

[PR]

by babishe2009 | 2016-08-08 20:32 | | Comments(0)

三峰山沢~富良野岳(1912m)=2016年7月31日

三峰山沢右俣~富良野岳(1912㍍)=2016年7月31日

赤い岩盤のスラブが特徴的な沢だ
a0141678_20461519.jpg


◆メンバーフナ、ごっとん、福ちゃん、おいちゃん、ミウラー、今じい、kuroneko(7人)
◆タイム白銀荘5:30➡バーデンかみふらの脇6:02➡三峰山沢二股7:30/7:46➡九重ノ滝下部7:55/8:50(Ⅿさんがケガ、応急処置)➡華雲ノ滝10:08/10:25➡稜線<三峰山・富良野岳の分岐>12:25/13:05➡凌雲閣横駐車場14:30<下山>

この日のエッセンス


この日の軌跡
a0141678_20465016.jpg


 カミホロカメットク山(1920㍍)~三段山(1744㍍)を源流にしたヌッカクシ富良野川は、「バーデンかみふらの」脇で、富良野岳~上富良野岳(1891㍍)を源流にした三峰山沢と合流する。富良野岳~上富良野岳の中間峰が三峰山(1866㍍、さんぽうざん)であり、この山名が沢名の語源になった沢だ。したがって、一部ガイド本の記載「みつみねやまざわ」は誤りで、「さんぽうざんさわ」が正しい読みである。左俣は上富良野岳へ、右俣は富良野岳に登るルートになる。左俣より右俣の方が難易度は高い。
 7月30日、白銀荘に7人が集結して、夜は楽しい時間を過ごした。明けて31日は午後からは雨が降ってもおかしくない状況であり、午前中勝負と考えた。「華雲ノ滝」通過までに豪雨にならなければ何とかなると判断した。
 白銀荘出発時、青空が広がっているが、富良野岳上方には雲がかかっていた。

バーデンかみふらの脇から道道を少し下がって入渓点へ
a0141678_2142850.jpg


 下山口になる凌雲閣脇駐車場に車1台をデポし、バーデンかみふらの脇駐車帯を起点とした。道道を少し下がり、積雪期のジャイアント尾根の登り口の徒渉地点からヌッカクシ富良野川と三峰山沢を渡って三峰山沢左岸の林道跡を行く。途中、4つの堰堤を左岸側から越えたあと、最後の5つ目の大きな堰堤を越えた先が左俣と右俣を分かつ二股だ。

最後の堰堤を越えれば二股だ
a0141678_2151114.jpg


三峰山沢の二股から見た「九重ノ滝」
a0141678_2048306.jpg


 二股の河原にでると、目指す右俣の出だしの難関、九重ノ滝が行く手を阻むように見える。
なかなかの迫力で、メンバーから「これ、登れるの?」という声が上がる。が、斜度はほどほどのスラブであり、フリクションを効かせれば何とかなる。が、スリップすれば相当な距離を落下することになるので、この沢でもっとも神経を使うポイントになる。

九重ノ滝SHOTS
a0141678_20493849.jpg

a0141678_20495410.jpg
 
a0141678_2053369.jpg



 赤い岩盤のスラブがいくつも断続しているので、「九重」ということなのだろうが、どこからどこまでが「九重ノ滝」なのか判然としない。出だしからしばらくの間、大小の滝、ナメ床とナメ滝が断続する。
 「九重ノ滝」出だしの概ね向かって左側(右岸)沿いにルートを取るが、出だしの2段目の登りで、4人が平坦地に達したあと、上方からこぶし大の石が落下してき、Mさんの口元に当たり、出血。Kと2人で約5mクライムダウンして最下部まで下がり、現況を判断。幸い、骨、歯には影響はなかったが、唇の上が1.5㌢くらいの裂傷。とりあえず止血し様子を見る。上方に上がった5人に無線で状況を伝える。抗生剤を車に置いてきたことなどから、①撤退、②パーティーを継続と撤退の2つに分けるーことなどを考えるが、医師でもあるMさん自身の検分、意向も踏まえ、山行継続とした。

九重ノ滝から上は断続的にナメ滝、ナメ床が連なる
a0141678_20543912.jpg

a0141678_215579.jpg

a0141678_2161899.jpg

a0141678_2163873.jpg


 現場に小1時間とどまったあと、九重ノ滝をさらに登って、その後のナメ床&ナメ滝帯を行くと、やがて、20㍍と10㍍の2連滝「華雲ノ滝」が姿を見せる。

「華雲ノ滝」
a0141678_20551283.jpg


左岸につけられた巻き道(踏み跡)を使って15分で滝の上に出る。この巻き道上からは稜線に至る沢筋の全容が見渡せる。若干雲がかかっているが、割合きれいにのぞめた。

「華雲ノ滝」高巻き時から見た源頭の光景
a0141678_20561019.jpg


やがて雪渓帯が断続する
a0141678_20564780.jpg

a0141678_205738.jpg


 Mさんのケガのこともあったので、できるだけ早い下山を考え、山頂方向のお花畑は目指さず、登山道への最短距離を狙って沢筋を進み、お花畑の脇を詰めて、ハイマツこぎ15分で登山道へ。富良野岳山頂往復もカットし、あとは登山道を凌雲閣までたどった。

源頭のお花畑帯を行く
a0141678_20573886.jpg


登山道まで、ハイマツ林をこぐ
a0141678_21114493.jpg


登山道に出て夏山にシフトチェンジ、下山へ
a0141678_20583367.jpg


 この日は前日に続き、北海道北方の低気圧に向けて南から温かく湿った空気が入り込み、大気が不安定となり、上川管内で局地的に雨雲が発達。昼過ぎには十勝岳連峰山麓の上川管内美瑛町で1時間当たり90㍉の記録的豪雨となり、14時半ごろ、上富良野町で河川が氾濫、床上・床下浸水被害も出たという。稜線付近に出た時の遠雷がその名残だったと思われるが、われわれは山行中雨にも当たらず、富良野岳周辺はさほどの雨は降らなかったと思われる。局地的に入り込む雨雲の妙というべきか。
[PR]

by babishe2009 | 2016-08-01 20:50 | | Comments(0)
line

札幌発バビシェ・マウンテン・クラブの活動記録です


by babishe2009
line