<   2016年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


お鉢平のご来光〜旭岳北斜面滑走〜中岳温泉誕生会 -2016年5月13日-14日

リーダー三浦、サブリーダーおいちゃん、メンバーおのっち
コースタイム旭岳駅23:00 - 姿見1:00 - 中岳温泉下c1780食料デポ3:10 - お鉢平c2100m 4:05 - スキーデポで間宮岳へ
- 間宮岳山頂 5:25 - 一度スキーデポ地点へ 6:00 - 熊ヶ岳お鉢滑走 7:30 - 熊ヶ岳から後旭へ滑走 8:20 - 昼寝
- 旭岳登高開始 9:15 - 旭岳山頂 10:00 - 北東斜面滑走開始 11:00 - 中岳温泉着 12:00 - しゃぶしゃぶ&誕生会
- 下山開始 14:00 - 姿見 15:15 - 旭岳駅下山 15:50
行動時間 16:50 (休憩、昼寝込み)
累積標高 1890m
距離 24.5km
a0141678_16260974.jpg



週末の好天が確定した時点でふと「お鉢平から日の出をみたい」との思いがわき上がりました。秋に道新に掲載された日の出で赤く染まる赤石川の写真を思い出したのでした。

a0141678_0591971.jpg札幌20時発、旭岳ロープウェイ22時半着、23時登山開始。13日は寒冷前線の通過があり、深夜から 未明にかけて雲が抜ける予報。ヘッドランプをつけてスタート。第二天女が原からは月没と旭川の 夜景が美しかった。

姿見からはコンパスとGPSが頼り。中岳温泉付近で少し明るくなりはじめ、食料と炊事道具 を雪に埋めたのち、間宮岳への稜線を急いで登った。次第に白む空。北鎮岳の後ろに朝焼けが映えた。
a0141678_112166.jpg

中岳分岐と間宮岳山頂の中間地点でギリギリ 日の出を拝むことができた。複雑な色に輝く空とお鉢平の雪面。5時間かけて登った甲斐があった。

a0141678_14729.jpg



安足間岳が朝日に輝き山の局面が美しいコントラストを生み出していた。
a0141678_194367.jpgしばらく鑑賞の後、スキーをデポして間宮岳山頂へ。当初の計画では、北鎮岳へ向かうつもりだったが前日の高気温で溶け、夜間に締まった雪は硬く、ピッケルなしでは急斜面登高が困難と思われたのと、間宮岳から旭岳を見たら旭岳に行きたい、との声が上がったため、一度戻 ってスキーを回収して旭岳へ向かった。

a0141678_1132638.jpga0141678_112438.jpg

間宮岳山頂。                      氷結した登山道。

a0141678_1143430.jpg

ニペソツをバックに。

a0141678_117189.jpg



トムラウシをバックに

a0141678_15394046.jpg


途中、熊が岳のお鉢があまりに楽しそうなため、一本滑走 した。

a0141678_15402797.jpga0141678_15403932.jpg


ポカポカのボトムでゴロ寝休憩の後、外輪に登り返して再度裏旭に滑走。キャンプ指定地あ たりで休憩。無風でポカポカで徹夜で眠さのあまり30分ほど雪上で昼寝。

体力復活し、雪もかなり 緩んだので旭岳北東面を登り登頂した。

a0141678_15405272.jpg
a0141678_15410430.jpg


高根ヶ原方面を望む

a0141678_15411545.jpg


a0141678_15413703.jpg
10時過ぎだったが、旭川東高校山岳部の高校生20人くらい が登頂してきた。
a0141678_15412648.jpg
姿見から1時間半もかかっておらず、速い!絶景でずっと滞在したい気持ちで長居 したが、北東斜面を滑走した。標高差500mのスキーの走るとてもよいザラメだった。a0141678_15420386.jpg
a0141678_15415174.jpgそのまま食料 デポ地点まで滑走し、食料を発掘し、中岳温泉まで登高。a0141678_16060841.jpga0141678_16062043.jpg

ここでしゃぶしゃぶで昼食。雑炊で締 め、おいちゃんの誕生会をしてケーキをいただいた。
a0141678_16054314.jpg


足湯をして、姿見まではシール歩行で戻っ た。
a0141678_16063618.jpg
スキー場を滑走して下山完了。
動画リンク下記クリック


[PR]

by babishe2009 | 2016-06-03 08:29 | バックカントリー | Comments(0)
line

札幌発バビシェ・マウンテン・クラブの活動記録です


by babishe2009
line