<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


コビキ沢~定山渓神威岳(983㍍)~神居沢=2013年7月21日

コビキ沢川~定山渓神威岳(983㍍)~神居沢川=2013年7月21日

 札幌市民の水がめとして、豊平川本流をせき止めて1972年、豊平峡ダムが完成、定山湖ができた。しかし札幌の人口増はとどまることを知らず、さらに新たな水がめとして豊平川の支流・小樽内川をせき止めて、1989年、定山渓ダムが完成、ダム湖・さっぽろ湖ができ上がる。このさっぽろ湖の完成で、いくつかの沢がダムを支える水源と化すことになる。かつて札幌近郊随一の名渓と謳われて、夏になると札幌の岳人が「入門」沢山行などでこぞって集まった木挽沢はその代表格の沢である。そして、岳人の足が遠のいて相当な年月が経っている。
 名渓の下流部はダム湖の一部となっており、かつての名残は見る影もない。最近の記録はいくつかあるが、完全遡行に近いものは見あたらない。途中で引き返して林道を下るくらいのものである。
 今、名渓はどうなっているのだろう。できるだけ沢沿いを忠実にたどり、藪をこいで神威岳まで達し、南面を流れ落ちる神居沢を下る沢縦走として計画した。沢からピーク、そして沢を下ることにこだわった。総歩行距離は16.776㌔。
この日の軌跡
a0141678_4435312.jpg

エッセンス部分の動画


■メンバー
マルちゃん、マイケル、ひとみ、ハルカ、taiki、フナコッシ、boco、shogo、黒猫
■タイム
さっぽろ湖・木挽沢林道ゲート前6:45→沢床(入渓)7:10→登山道10:40\10:50→神威岳山頂11:00\11:30→神居沢川下降地点11:50→神居沢川林道14:50→神居沢川林道ゲート15:25(下山)

コビキ沢
a0141678_4445871.jpg

a0141678_4453285.jpg
a0141678_446033.jpg
a0141678_4462629.jpg
a0141678_4465238.jpg
a0141678_4472255.jpg
a0141678_448962.jpg
a0141678_4483794.jpg

神威岳山頂の登頂記念ショット。バックは百松沢岳南峰
a0141678_4491292.jpg

神居沢
a0141678_4494444.jpg

沢筋にはまだ雪渓が残っていて、その周囲では食べごろのウド畑が広がっていた
a0141678_4501517.jpg
a0141678_4504178.jpg
a0141678_4511824.jpg
a0141678_4522598.jpg
a0141678_4525053.jpg

木挽大橋から見たコビキ沢下部。湖の一部となっている
a0141678_4532195.jpg


 下山口に当たる神居沢川林道ゲートに車2台をデポして、さっぽろ湖に架かる木挽大橋脇の駐車帯に車を置いて木挽沢林道を歩き出す。林道を歩かず、早めに沢床に降りて遡行を開始したいとの考えから、ゴルジュ地形が連なるあたりに見当をつけて斜面を下って入渓した。出だしはゴルジュ的雰囲気を醸しだし、緑のトンネルが続き、なかなかいい感じだ。
緑のトンネルのもと、ナメ、小滝、釜、苔むした渓相…。湖に沈んだ下部は分からないが、入渓地点より上流に出てくる光景は、この沢がかつて名渓と呼ばれた理由をしのばせるに十分だ。滝の登り、釜のへつりはどれも易しいが、コンパクトに沢の魅力が詰まっていて楽しい。懸念していた倒木、流木の堆積はなく、杞憂に帰した。
 沢慣れしていないメンバーのために一部の滝でザイル確保し、短い藪こぎを経て登山道に飛び出し、山頂に達した。どっこい、名渓は短くなっても健在なり。きっと他のメンバーもそう思ったことだろう。
 いつも国道230号を走っていて印象的な神威岳山頂からは札幌南部の眺望が素晴らしい。
 今日はいつもとは逆に、山頂からの眺望を楽しみ、昼食を取ったあと、登山道をしばし使って、標高760㍍の神居沢川下降地点から藪をこいで沢床へ。c700くらいから水流が出てきて、ナメ床が続く沢を下った。沢はそのうち、倒木、流木が目立つようになり、堆積木がせき止めたたまり水が目立つようになった。きれいな木挽沢を見てきた後だけにその落差を感じてしまう。滝一カ所で懸垂下降し、林道に上がって下山した。結果的にはまったく難しいところもなく、下降ルートとして使って正解だった。
 
[PR]

by babishe2009 | 2013-07-22 04:24 | | Comments(0)

【山行部】戸蔦別川本流Bカール~戸蔦別岳(1959㍍)=2013年7月13~15日

戸蔦別川本流Bカール~戸蔦別岳(1959㍍)=2013年7月13~15日、山行部企画山行

 ■メンバー イーノ、ひとみ、もっち、半テツ、フナコッシ、shogo、おのっち、黒猫
 ■タイム
<7月13日>戸蔦別川6号堰堤P7:25⇒八ノ沢出合9:15⇒C995三俣出合(BC設営)13:30
<7月14日> C995三俣出合BC5:35⇒<Bカール経由>⇒稜線(登山道)10:30/10:50⇒戸蔦別岳11:00/11:40⇒<Bカール経由>⇒カール入口/12:30/13:00⇒C995三俣出合BC16:50
<7月15日> C995三俣出合6:40⇒十ノ沢出合8:30/8:50⇒八ノ沢出合9:45/10:25⇒戸蔦別川6号堰堤P12:05<下山>


3日間の軌跡
a0141678_1442567.jpg


 日高山脈の登山路開拓期、大正14年(1925年)7月、ピパイロ岳、戸蔦別岳、幌尻岳の初登ルートとして使われた戸蔦別川。源流は、九ノ沢がピパイロ岳(1917㍍)、十ノ沢が1967峰、そして本流は戸蔦別岳(1959㍍)~北戸蔦別岳(1912㍍)を源にしており、川筋からこの1900㍍の山々が衝立のように見える。戸蔦別岳には南から順にAカール、Bカール、Cカールと3つのカールがあるが、Bカールを登り、Aカールを下るというのが計画だったが、上部は残雪が多く、状況が分かりにくいAカール下降はやめて、登ったBカールを下降路として使った。
 なを本山行中、C995手前のナメ滝(高さ.5㍍)でおのっちがスリップして「釜落ちドボン」、Bカール手前の雪渓最下部でもっちがスリップし、止めようとしたひとみ、イーノとともに雪渓末端から沢中に1㍍落下するなど、反省点が少なくない山行だった。

 7月13日、上々の天気のもと、ワクワクしながら衝立山をチラ見しつつ美しい渓流沿いを歩いた。2年前の同じ時期に同じルートを行った時は天気に恵まれなかったので、救われた思いの入山だった。
 カタルップ沢から八ノ沢合流点までの林道跡は、歩行者が少ないためか、フキ、ササ、ヤナギなどの雑木の繁茂が進んで、路肩の崩壊がさらに進んでいるように見えた。
 C995三俣出合にBCを設営。釣りタイムをたっぷり取ったが、全員が「坊主」。途中、魚影が見えたのだが、C995付近は近くに雪渓があって水温が冷たいせいか、オショロコマの動きが鈍いのか。それともわれわれの技術の問題なのか。
 C995三俣出合からは右股を行くが、入って5分のところに高さ10㍍の滝が現れ、右岸を嵩巻いた。その後も、30㍍三段の滝などそれなりに滝は出てくるが、主なものは水量が激しく、高巻いた。Bカールはこじんまりしているが、コンパクトにまとまっており、景観的にもなかなか良い。テン場としてもなかなかいい。BカールはC1881ポコと戸蔦別岳の肩の間の稜線めがけて、ガリーを詰めた。心配していたカール壁の雪の付き具合はさほどでなく、雪が消えた部分を行った。戸蔦別岳山頂からは幌尻岳、七ツ沼カール、その向こうにカムエク、エサオマン、1839峰、1967峰~ピパイロ~伏美の稜線の展望を楽しめた。
 BCの2泊目は1泊目に続き、賑やかな酒宴。行動をほぼ終えたこともあり、酒が進んだ。日高の山中に抱かれるように夜を楽しみ、寝た。

戸蔦別川6号堰堤を出発
a0141678_146587.jpg

沢筋に入ると、正面に1900㍍の稜線が衝立のように見えてくる。戸蔦別岳AカールとBカールの上部が見えている
a0141678_1472958.jpg

こんな渓相が続く。渡渉、川中進行、高巻きー。
a0141678_1474363.jpg

おのっちがスリップ、「釜落ち」ドボンした滑滝
a0141678_1475493.jpg

C995三俣BCから先はこのような渓相の急流になる
a0141678_148133.jpg
a0141678_1482365.jpg

滝もそれなりに
a0141678_1483813.jpg
a0141678_1485064.jpg

やがて雪渓が断続するようになった
a0141678_149548.jpg

急な斜度の雪渓では軽アイゼン装着で登った
a0141678_1491744.jpg

そしてBカールの入り口に。コンパクトなカールが美しかった
a0141678_1493566.jpg

Bカールの戸蔦別岳~C1881ポコの間を目指して、ガリーを行く
a0141678_1494818.jpg

戸蔦別岳~C1881ポコの間の稜線(登山道)に到達した
a0141678_150445.jpg

戸蔦別岳山頂から七ツ沼カール、幌尻岳をのぞんで
a0141678_1501738.jpg

登頂記念ショット
a0141678_1504515.jpg

登頂記念ショットその2 1967峰などをバックに
a0141678_1505727.jpg

縦走路から再びBカールのガリーへ
a0141678_1512797.jpg

カール下部の雪渓で尻滑りで遊んだ
a0141678_1514248.jpg

カールを源流にした流れを下り始める
a0141678_152430.jpg


a0141678_1522355.jpg

BCテン場の光景=15日朝
a0141678_1524183.jpg

オシォロコマのてんぷらなしは想定外だった
a0141678_1525240.jpg

「下山」の開放感から、八ノ沢出合で泳ぐ=15日
a0141678_1531032.jpg

 
[PR]

by babishe2009 | 2013-07-16 01:41 | 山行部 | Comments(0)

BMC沢技術訓練=2013年7月7日

7月7日25名が参加してバビシェ・マウンテン・クラブの沢技術訓練が定山渓白井川で行われました。単独及び複数でのスクラム徒渉、ロープ確保でのリード・フォロー徒渉、フィックスロープでの急流徒渉、淵でのザックピストン徒渉など各種メニューを練習しました。毎年訓練することにより確実に技術は向上している実感があります。水温は10度前後と冷たかったですが、30度近い気温のため気持ちよく泳げました。 沢の各種技術を習得して、沢登りを楽しみましょう!(写真提供:清水大輔)

a0141678_23351176.jpg

[PR]

by babishe2009 | 2013-07-08 23:36 | | Comments(0)

コノエオサレベツ川~ホロホロ山(1322㍍)~徳舜瞥山(1309㍍)=2013年7月6日

コノエオサレベツ川~ホロホロ山(1322㍍)~徳舜瞥山(1309㍍)=2013年7月6日
 ■メンバー マルセン、イトハル、おのっち、シラ、黒猫
 ■タイム 取水施設脇8:10⇒ホロホロ山13:15/13:55⇒徳舜瞥山14:25/14:40⇒日鉄鉱山跡登山口15:55<下山>
総歩行距離=11.795㌔。

この日の軌跡
a0141678_17505813.jpg


上流域に素晴らしいナメ滝が連なる
a0141678_17523147.jpg


 徳舜瞥山北面を流れ、ホロホロ山に突きあげるオノエオサレベツ川は源頭部がすっきりしたボール斜面になっている。積雪期に見ていて、ずっと気になる沢だった。
 日鉄鉱山跡・夏道登山口に車を一台デポし、三階滝近くの取水施設脇に車をとめて入渓。下流域は単調な河原歩きが延々と続く。鳥の声、沢のせせらぎに癒されながら、「この沢、失敗だったかな」という思いが脳裏をよぎる。そんなことを思っていると、思い出したように、ナメ床やF1が現れ、救われた気になる。かつては、ホロホロ山、徳舜瞥山への登山に、この沢ルートがかなり活躍した時代もあるとか。つまりは伝統のルート。しかし、今は登山道も整備され、2時間かからずに徳舜瞥山、さらに30分かければホロホロ山まで楽々到達できる。この沢ルートはよほどの物好き者でないと、入渓しないだろうと思っていたら、沢中にピンクテープがあったり、踏み跡があったりで、入渓する人もいないわけではない様子だ。
 F1は高さ2・5㍍の小さな滝だが、水流の内側に入り込め、滝つぼ一周めぐりができた。一興ではある。
 C800を過ぎると、水流は消える。C800~920㍍区間は枯れ沢となり、伏流帯が続く。伏流帯を過ぎると、C950㍍~1040㍍には長大なナメ滝が続く。これはなかなか迫力があり、やっと胸をなでおろした。ここがこの沢最大のハイライトだ。振り返れば、徳舜瞥山の鋭角的な山容が美しかった。あとは「一級国道」のような岩場、がれ場、土壁帯を進み、15分ほどヤブをこいだら、ホロホロ山頂から北尾根への踏み跡に出た。山頂は時折ガスがかかり、周囲の遠望はできなかったが、しばし、達成感にひたった。人気の山は山頂にだれもおらず、われわれでしばし独り占めさせてもらった。
 大休止して、登山道を使って、徳舜瞥山経由で日鉄鉱山跡登山口まで。ホロホロ山~徳舜瞥山の稜線上は、ヨツバシオガマ、エオゾカンゾウ、フウロソウ、イワギキョウなど、百花繚乱の状況だった。
 伊達市大滝区の共同浴場「ふるさとの湯」(無料)で汗を流して、帰札した。

 <コノエオサレベツ川寸評>
 退屈な前半部分を我慢して進めば、後半の感動が倍加するような沢であった。何より、花の季節に、登山道
を行くくらいなら、涼しい沢ルートから両山を登るのも悪くない。

前半部分はこんな感じだ
a0141678_17564381.jpg

C610㍍付近にあるF1。滝つぼめ巡りも一興だ
a0141678_17564100.jpg
a0141678_17572428.jpg


C950~C1040㍍は長い長いナメ滝が続く
a0141678_17584268.jpg

a0141678_18113950.jpg


振り返ると徳舜瞥山の鋭角的な山容が視界に入ってきた
a0141678_17592311.jpg

「一級国道」を山頂直下まで
a0141678_17593436.jpg


ホロホロ山山頂にて
a0141678_17585545.jpg

遡行したコノエオサレベツ川源頭。雪が落ち着く残雪期に一度滑ってみたいと思う
a0141678_1759939.jpg


滝巡り(撮影・提供シラ)

[PR]

by babishe2009 | 2013-07-07 18:11 | | Comments(0)

201300706赤岩リーダー課題消化

CL:Yosshy SL:おーちゃん M:ともぞう

西奥壁ダイレクトをクリアしたおーちゃんの残り課題、トビラ・テーブルリッジ・東のチムニーに行きました。雨もぱらつく予報でしたが、好天」に恵まれ、おーちゃんは順調に課題をクリアしました。リーダーチェック完了後の更なる飛躍に期待します。赤岩リーダー未習得の皆さんも積極的に挑戦しましょう!

a0141678_20585553.jpg

[PR]

by babishe2009 | 2013-07-06 21:00 | | Comments(0)

漁川~漁岳(1318㍍)=2013年6月30日

初夏の1日、漁川~漁岳へ



◆メンバー
 イーノ(L)、マイケル、ヤス、おのっち、ハマショー、黒猫
◆タイム(登りも、下りも山菜とりしながらで、採取時間込みで)
 国道沿いのあずまや6:05⇒漁岳山頂11:45\12:20⇒ショートカット脱渓地点15:05⇒(あとは林道)⇒16:00国道沿いのあずまや

この日の軌跡(行きはフル遡行、帰りはショートカット脱渓地点から上がり、林道を使用)
a0141678_52268.jpg
 
沿面歩行距離 31・396㌔

山中で、小樽・Jさん(単独)、百松山岳会、酪農学園大WV部、酪農学園大山岳部の一行と遭遇した。初夏の日差しを浴びながら、シャワークライムをたんのうした。残雪はC1000を超えてから出てきたが、特段の問題はなし。

F1は左岸から上がる
a0141678_546517.jpg


「泳ぐ」釜
a0141678_547882.jpg


a0141678_548562.jpg

a0141678_5505050.jpg

C1000㍍を超えると、少しずつ雪が現れた
a0141678_5515456.jpg

稜線に出るとさわやかな風が吹いていた
a0141678_5525354.jpg

漁岳山頂にて。雲海の上に恵庭岳、樽前山・風不死岳が顔を出していた
a0141678_5535310.jpg

稜線上の雪田を降りる
a0141678_5544888.jpg

残置ロープは使わず、懸垂で
a0141678_5553425.jpg

[PR]

by babishe2009 | 2013-07-02 05:02 | | Comments(0)

鷲別来馬川・裏沢~鷲別岳(通称・室蘭岳、911㍍)~滝沢=2013年6月29日

鷲別来馬川・裏沢~鷲別岳(通称・室蘭岳、911㍍)~滝沢
 2013年6月29日



■メンバー
 マイケル、ひとみ、半テツ、マルセン、ゆーたん、shogo、おのっち、シカッチ、b-cat
■タイム
 牛舎奥林道終点8:25⇒北尾根12:00⇒鷲別岳山頂12:30/13:05⇒滝沢降り口13:35⇒滝沢林道15:40

この日の軌跡
a0141678_1535947.jpg


 鷲別岳北面側の裏沢を遡行し、鷲別岳に登り、滝沢を遡行する沢縦走として計画した。裏沢にはいろいろなルートがあるが、「左に」「左に」沢を選んで、「左俣沢~北尾根」ルートを行った。最後の詰めがイマイチ感が否めなかった。左俣沢の中、右のナレ沢や直登ルンゼのほうが楽しかったのかもしれない。左俣沢はやはり下降沢と考えた方が良さそうだ。
 山頂からはカムイヌプリへの登山道を使って、鞍部から滝沢へ下降した。滝沢は、裏沢よりは沢らしい沢だった。際どいところには、左岸にトラロープがフィックスされており、ザイルを出すこともなかった。
 時間がなく、川又温泉探訪が出来なかったのが残念至極。

滝沢林道奥に車を一台デポし、牛舎奥林道終点に車を駐車。川又温泉につながる登山道を行く。
a0141678_1573250.jpg

約5分歩けば、鷲別岳山頂から北尾根経由の登山道分岐。その脇に裏沢が流れている。
a0141678_1575748.jpg

出だしから美しいナメが続く。
a0141678_1581517.jpg

a0141678_1583794.jpg

ちょっとしたゴルジュ、滝も現れる。
a0141678_201754.jpg

10人でわいわい、賑々しく、滝を登り、へつる。
a0141678_202891.jpg
a0141678_204335.jpg

分岐では左に、左に行けば、左俣沢に入る。登り出しはこんな感じ。やがて少しヤブをこいで北尾根上に上がる。あとは登山道を使って鷲別岳山頂へ。
a0141678_205458.jpg

鷲別岳山頂で。山頂には、通称名の「室蘭岳」の大きな標識がある。
a0141678_21215.jpg

山頂からはカムイヌプリに通じる縦走路へ。
a0141678_21467.jpg

鷲別岳ーカムイヌプリの鞍部に設置された案内標識。社会人山岳会の聖地・室蘭で、滝沢がいかに登られてきたが、分かる。
a0141678_2114362.jpg

あとは美しい渓相の滝沢を下った。気温も上がり、水遊びが心地よかった。
a0141678_2173247.jpg
a0141678_2175089.jpg

苔むした滝を水がサワサワと流れ落ちる。
a0141678_222219.jpg

[PR]

by babishe2009 | 2013-07-01 01:45 | | Comments(0)
line

札幌発バビシェ・マウンテン・クラブの活動記録です


by babishe2009
line