<   2013年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧


前富良野岳・富良野岳(原始が原停滞・撤退)=2013年4月27日~29日

■メンバー:イッシー、やなちゃん、もじこ、Ryo、ヤマクニ、オノッチ(会員外)、yosshy
■コースタイム
4/27 8:50秋雲橋P⇒10:00登山口⇒11:05二の沢出合⇒12:55原始が原Co1100mC1
4/28 原始が原C1=C2(停滞)
4/29 8:45原始が原C2⇒10:00二の沢出合⇒11:05登山口⇒11:20秋雲橋P

 27日最悪原始が原テント生活でも良いかとメンバーをピックアップし2台に分乗して札幌を出発。高速三笠IC~富良野経由で麓郷へ。「原始が原登山口」案内看板に導かれて、舗装道から林道に入り最終除雪地点の秋雲橋Pへ。先行者はなく、ここから先には40cmほどの積雪があった。テント泊の重荷に先を案じられる新人もいたが、スキーとスノーシューでなんとか出発。約1時間でニングルの森管理棟のある登山口。最初100mほどの急登の後は平坦と少しの下りを繰り返して、1時間で尾根取り付きの二の沢に着いた。途中の登山道は灌木が倒れかかりやや歩きにくい。二の沢からも判然としない登山道を辿って、三の沢出合い上の尾根に乗ると前方にトウヤウスベ山が望まれた。時折薄日が射し風も穏やかで暑いくらいであった。斜面をゆるゆるとトラバース気味に進むとタンネの樹海に入っていく。「ニングルの森」にふさわしく幻想的な光景である。午後1時「雪田」付近に来ると、富良野岳の裾野が見えたが急に風が強くなってきた。針葉樹林の中にテン場を決めてすぐにジャンボテント設営し、ザック用にツエルトを立てた。安着ビールで乾杯の後、しばし休憩。各種アルコールと各種つまみで酒宴も進む。徐々にゴ~ゴ~と強風が唸りを立て始め、時折テントを叩くようになってきたが、のんびりと水作りを始める。一段落した後は早めに夕食の準備にかかる。夕食はyosshy作のタイカレー。前回芦別岳でのグリーンカレーが辛すぎたので今回はイエローカレーとしたが、風味はやはりエスニック系独特で「うま辛い」。就寝前に外に出るとさらに風雪は強まり、明日は厳しいかと思いながら8時頃には寝袋に入った。
 28日夜半からの強風でメンバーの何人かは時折目を覚ますも、結局6時頃まで寝込んでしまった。だれも今日は行動しないだろうと決め込んでいたのだ。おじやとまるちゃん正麺で朝食をすませた後は、イッシー持参の「ワンピースUNO」大会となった。久しぶりのUNOに全員ルールが定まらないがやりながら理解することとしてスタート。途中昼食をはさみ、スコッチで暖を取りながら、また湿ったシュラフを体温で乾かしながら延々とUNOをやり続け、気づいてみたら午後3時であった。「海賊王」達成回数は、やはり若い順だった。久しぶりに大いに頭を使った。日中も交代で数回の除雪作業をしたが、強風で外でのトイレもままならない。夜はヤマクニさん作の水菜・小松菜サラダとちらし寿司。疲れた?体に酸味がほどよい。残った酒をほとんど飲み干してまたシュラフに潜り込んだ。
 29日最終日。風はだいぶ収まった来たが、時折強風が吹き付ける。やはり行動は困難と判断して無念の下山と決めた。湿った新雪が60cmほど積もり、テント支点の掘り出しに時間がかかった。出発間際にデポ旗が雪に埋没して捜索するハプニングもあった。GPSとデポテープを頼りに帰路を進む。登りルートは立木が被さり歩きにいことから、二の沢へと一気に下るルートを選択して下った。下り斜面は新雪の急斜面で快適そうであったが、重荷と重雪にスキー組はヤマクニさん以外はスキーシールのまま下った。ドンピシャで二の沢出合いに着くと、谷間で風も収まり一安心。しばし休憩の後登り返しと倒れかかった灌木をくぐりながら登山道を辿り、最後の急登でやっと滑りモードになり登山口へ。さらに板を滑らせて11:20全員無事に秋雲橋Pに戻った。下山後は富良野ジャム園でたくさんのジャムを試食、ラベンダーの森で入浴してやっと一息ついた。その後みんなのリクエストに応えて「志那虎」にて美味しいラーメンをいただき、現地解散。2台に別れて札幌に向かった。

a0141678_23174658.jpg

原始が原に着いた

a0141678_23175890.jpg

一日UNO三昧

a0141678_23181162.jpg

なんとGWに新雪60cm

a0141678_23182381.jpg

疲れていないので全員元気!

a0141678_23183945.jpg

富良野ジャム園でソフトを食べる
[PR]

by babishe2009 | 2013-04-29 23:26 | ツアースキー | Comments(0)

岩入門学習会①開催。

 2013年度の岩入門は、5月19日小樽赤岩にて開催いたします。
現在のところ、入門者・スタッフあわせて30名近くのエントリーがあり、今年も賑やかになりそうです!!
さて、入門者を対象にした学習会を東区:ノースケイブジムにて昨日より開催。昨夜は、4名の入門予定者が参加し、ロープワークや懸垂下降などクライミングシステムの理解を深め、ついでに登り込みを行い楽しみました
学習会は、当日までの毎週水曜日に開催いたします!a0141678_22341632.jpg
[PR]

by babishe2009 | 2013-04-25 22:34 | 教育部 | Comments(0)

【山行部】雄冬山(1198㍍)~浜益岳(1258㍍)=2013年4月20~21日

雄冬山(1198㍍)~浜益岳(1257㍍)=2013年4月20日~21日

◆メンバー(9人)
ひとみ、なべ、フナコッシ、おのっち、黒猫
(20日のみ日帰り)ダイスケ、半チャン、パッポ隊長、雄叫びりょう
◆タイム
20日 幌稲荷神社先8:25→林道合流点9;25\9:40→浜益御殿12:55\13:10→C965樹林内C1テン場13:15
21日 C1テン場6:00→浜益御殿6:20\6:30→雄冬山8:05\8:30→浜益岳11:20\11:45→浜益御殿12:40\12:55→C1テン場13:10\13:50→幌稲荷神社先15:10(下山)

動画


2日間の軌跡
a0141678_316542.jpg


 増毛町・大別苅~旧浜益村・幌を結んで、江戸時代に開削された「増毛山道」の南半分をスキーで歩き、滑った。今年は雪が多く、幌稲荷神社から少し入った床丹への林道分岐の手前、標高60㍍地点からの歩きだしとなった。
GPSデータでは2日間の走行距離は37.9㌔。距離を稼ぐ山スキーの威力を発揮する山行と言える。「増毛山道」最高標高地点の浜益御殿(1039㍍)には2日間で都合3回立った。初日(20日)に浜益御殿山頂に立った時は風雪模様で視界が利かず、予定していた雪上ジンギスカンどころでなく、荷揚げを分担してもらった精鋭4人には申し訳ない限りだった。二条市場の名肉店片岡精肉店で買い込んだ極上生ラム肉は泊まり組5人でテント内ジンギスカンで食すことになった。
 翌21日は朝から素晴らしい天気に恵まれ、ポカポカ陽気の中、雄冬山、そして浜益岳の山頂に立って、滑って、稜線漫歩し、白一色の絶景を楽しんだ。伊藤秀五郎が名著「北の山」で、北海道で唯一、1000㍍を超える峠道として紹介した浜益御殿~雄冬山の「増毛山道」跡付近をトレースしたと思われるが、分厚い雪に覆われていた。よくぞ、こんな高いところを歩いたものだと感心するしかない。
 テン場は当初、浜益御殿東の平坦地を予定していたが、風が強かったので、御殿山頂から幌側に少し下ったc965地点の疎林帯に置いた。20日の天気が良くなかったので、その日、予定していた浜益岳アタックを21日の雄冬山アタックの行程にくっ付けたので、2日目の行動時間が長くなった。

幌から浜益御殿への登り。このあたりまでは天気はまずまずだったのだが、このあとホワイトアウトになった(20日)
a0141678_3173452.jpg

浜益御殿下に張ったテン場から浜益御殿(正面)越しに雄冬山(左奥)が朝日に輝いていた(21日)
a0141678_318165.jpg

浜益御殿を越えると雄冬山がどっかりと。山頂から右に延びる山稜のどこかを「増毛山道」が増毛町側に抜けていたはずだ
a0141678_3181833.jpg
a0141678_3184939.jpg
a0141678_319554.jpg

a0141678_3192180.jpg

雄冬山山頂にて。バックには暑寒別岳、尾白利加岳、郡別岳、浜益岳、浜益御殿が一望できた
a0141678_3193825.jpg

雄冬山からの滑降
a0141678_3195791.jpg

目指す浜益岳が遠くに見えた
a0141678_3201249.jpg

a0141678_3203024.jpg

a0141678_3205023.jpg

浜益岳山頂に着いた
a0141678_3232375.jpg

浜益岳山頂にて。雄冬山をバックに
a0141678_3235497.jpg

浜益岳山頂にて。暑寒別岳~郡別岳をバックに
a0141678_3524174.jpg

浜益岳からの滑降
a0141678_3241680.jpg
a0141678_324383.jpg

[PR]

by babishe2009 | 2013-04-23 03:24 | 山行部 | Comments(0)

20130413-14芦別岳(途中撤退)

■メンバー
I野、たくぼん、かずさん、もじこ、yosshy

■タイム
7:35登山口発⇒8:55徒渉地点⇒12:00槙柏山コル⇒13:15テン場C1
6:22テン場発⇒6:50北尾根取り付き⇒8:35Co1444mJP⇒11:35Co1557m(行動停止)⇒13:25Co1444mJP⇒14:30北尾根取り付き⇒15:25槙柏山コル⇒16:30徒渉地点⇒17:30登山口

 山中1泊2日の行程で雪化粧の鋭鋒・芦別岳に行ってきました。予定ルートは、18線沢林道~槙柏山コル~北尾根~芦別岳~半面山~冬尾根~冬尾根取り付き。体が飛ばされるほどの強風により、残念ながら山頂1km手前にて引き返しましたが、真っ白な稜線と芦別岳本峰を拝むことができました。

 20cmほどの新雪があり、ほどほどのラッセルを強いられながらも無事に槙柏山コルに着いた。ここからは小尾根のアップダウンで夫婦沢に向かうと左手に威風堂々の夫婦岩が見えてくる。雪を纏った夫婦岩はクライミング心を駆り立てる。北尾根付近まで進んだが強風を避けられず、Co1170m付近をテン場とした。地形は吹きだまりで積雪も3mほどあり時間もあったので、雪洞を掘り始めるが、雪が固く途中で断念して半雪洞のテン場に整地した。かっこよい夫婦岩が望める最上のテン場となった。
 
 明るいうちから安着の乾杯、水造り、夕食となった。yosshy担当の夕食は、具材たっぷりのタイグリーンカレー。うま辛味に食が進むが、全員汗を拭き拭きの食事となった。I野・かずさんが寝込んだ間に、残り3名でタピオカ入りココナッツミルクを食べた。寝床を整えて20時には就寝。もじことyosshyはスリーシーズンシュラフであったが問題はなかった。

 翌朝4時起床6時22分出発。朝陽が昇り夫婦岩を照らす中、まずは北尾根を目指して緩やかに登った。ここから一気に200mほどの急登が始まる。始め深雪をラッセルして進むも、すぐに氷板が現れアイゼン・ピッケル装備とした。一段這い上がると今度は膝上~腰ほどのラッセルを繰り返して、やっと夫婦岩とのJP1444mに着いた。展望を心配して登ってきたが、我々の心情を察してか芦別岳はその全容を惜しげもなく晒してくれた。北尾根は緩やかにアップダウンを繰り返しながら本峰に連なり、本峰から屏風岩への稜線は幾筋ものルンゼを従えて鋭くとがっていた。その間には深く本谷が切れ込んでおり、谷底は見えない。

 ここからまたスキー・スノーシューに履き替えてなだらかな稜線を歩く。Co1457mを越えた辺りから強烈な西風を食らい、なかなか歩が進まない状態となる。Co1579mに上がる急登ではさらに強風となり、アイゼン・ピケルに切り替えた。しかしあまりの強風に四つんばいでの歩行となった。スキー組は帆掛け船状態でとても歩ける状態ではなく、キレット越しの芦別本峰に別れを告げて引き返すこととした。

 帰路も強風によろけながら慎重に歩いて広いCo1444mにたどり着き二段の急坂を慎重に下った。最後の急登はアイゼン・ピッケル装備で、腐った雪に足を取られながらも慎重に下り、無事に北尾根取り付きに着きやっと開放感に浸ることができた。あとは来たトレースを辿って約3時間で登山口に戻った。
 
 Co1444mJPからの急斜面を巻き終わり、一安心した頃、スキーの刺激でプチ雪崩が起きた。幅30m、長さ10m~30m、破断面の暑さは10cm~40cmほどであった。もそもそと動いてスキーヤーが倒れ込んだが被害はなかった。氷板の上の湿った上載積雪が滑ったものと思われる。
a0141678_056244.jpg
a0141678_056386.jpg
a0141678_0564782.jpg
a0141678_0565866.jpg

[PR]

by babishe2009 | 2013-04-16 00:59 | ツアースキー | Comments(0)

20130406富良野岳(北尾根コース) :2013年4月6日

■メンバー  I野、たくぼん、もじこ、yosshy
■タイム  登山口7:30⇒1700m台地11:30⇒富良野岳山頂12:30⇒登山口15:30  
 たくぼん、もじこのアイゼン・ピッケル訓練で十勝岳連峰・富良野岳に行ってきました。さすがに残雪期、風は強かったですが好天に恵まれて良い訓練になりました。
 まずは沢の徒渉。辛うじてスノーブリッジがあり何とかクリア。スキー装備で北尾根を忠実に辿り、1400m付近でアイゼン装備になる。左手には氷雪訓練では見えなかったカミホロや十勝岳が輝いて見える。締まった雪にアイゼンが気持ちよく効き、ホコ岩へ向かう。ここは左側を巻き、広い雪田をトラバースして1700m台地付近に出る。休憩後いよいよクライマックスの雪稜歩きがスタート。以前11月に来たときよりもさすがに雪が多く、締まっていて歩きやすい。微妙なトラバースもあったが、ノーザイルでたくぼん、もじこも無事クリア。夏道の稜線に出ると、数分で富良野岳山頂。12:30。富良野岳から続く十勝岳連峰、遠く旭岳、南には原始が原越しにトウヤウスベ山・大麓山などがクリアに見渡せた。山頂はBMCパーティの貸し切りであった。
 5分ほど休憩して下山開始。日射は強いが雪は腐らず、安定して歩ける。トラバースの核心をしっかりバックステップでクリアする。来た稜線を辿り、スキーデポ地点へ。このあたりからさすがに雪が腐り出し、スキー滑走はままならない。プラブーツスキーのたくぼんはたまらずシートラにする。重雪を何とか滑りきり、堰堤の沢徒渉地点に。朝よりも細くなったスノーブリッジを恐る恐る渡り、15:30駐車地点に戻った。
 たくぼんの成長は頼もしい。もじこは兼用靴のためか、フラットフィッティングに苦戦していた。今後の徒渉には長靴が必携です。

a0141678_1205383.jpg
a0141678_1211065.jpg
a0141678_1215116.jpg
a0141678_1221437.jpg

[PR]

by babishe2009 | 2013-04-07 12:04 | 尾根 | Comments(0)

金山沢~空沼岳(1251㍍)=2013年4月6日

◆メンバー ダイスケ、りょう、taiki、フナコッシ、オノッチ、黒猫
◆タイム 国道453号6時30分⇒林道T字路7時20分/7時30分⇒空沼岳9時30分/40分⇒国道453号11時30分<下山>=空沼岳~漁岳の縦走は断念



この日の軌跡
a0141678_18554840.jpg


空沼岳~漁岳を日帰りで縦走することが山行目的だった。北海道周辺を通過する爆弾低気圧の前面での行動であり、時間との勝負ということは想定内だった。午前中は視界が利くはずと踏んで、午前中に漁岳までの複雑な稜線を抜けることを目指してのぞんだ。しかし、金山林道出発時にはすでに稜線付近は雲がかかっていた。雪が固まるこの時期なら、空沼岳~漁岳の複雑な稜線は2時間~2・5時間で抜けて漁川林道に滑り込むという青写真はしょっぱなで崩れた。金山沢沿いを歩く段階で、小さな雨粒もぽつらぽつら、上空の風音がうなりをあげている。やがてガスがかかり、空沼(からぬま)に達するころには視界50㍍くらい。稜線に出ると、やはり風はそれなりだ。低気圧の影響は考えていた以上に早かった。これでは、漁岳までの複雑な地形を行くのは困難と判断せざるをえない。空沼岳山頂で、そのまま金山林道まで滑降して下山した。空沼岳~漁岳の縦走は来年以降の宿題だ。

a0141678_18294037.jpg
a0141678_18294866.jpg

空沼(からぬま)手前からホワイトアウトになってしまった
a0141678_1830851.jpg

空沼岳山頂にて
a0141678_18301676.jpg
a0141678_18303645.jpg

漁岳への縦走を断念し、金山沢沿いに滑降して下山へ
a0141678_18304518.jpg
a0141678_18312438.jpg

[PR]

by babishe2009 | 2013-04-06 18:52 | バックカントリー | Comments(0)

【組織部】2013年度最初の第2例会の模様

第二例会係たくぼんです!

昨日は新年度一発目の例会でした。

日曜に総会があったばかりなので、みんな来てくれるかちょっぴり不安でしたが、30名出席!

見学者も2名来ていただき、第二例会(飲み会)にも参戦!
2名ともきっと入会することでしょう!
一緒に山へ行きましょー!


次回の例会は4月16日です。

内容は…夏山装備と岩装備について説明していただきます。
今の内にしっかりと知識を付けて○岳荘のバーゲンに備えましょう!

山に何を持って行けばいいか分からないという方、気軽にドンドン見学に来て下さい!
お待ちしております!


あぁ~やっと投稿できた~笑


a0141678_23584599.jpg

[PR]

by babishe2009 | 2013-04-03 23:50 | 組織部 | Comments(2)

ヤチナイ川~八内岳(944㍍)=2013年3月30日

ヤチナイ川~八内岳(944㍍)=2013年3月30日
■メンバー ひとみ、もじ子、りょう、ツジーノ、オノッチ、黒猫
■タイム 共和町ヤチナイ・ヤチナイ林道入り口(採種園先)8時50分⇒c206二股10時5分⇒尾根頭12時25分/35分⇒山頂12時50分/13時5分⇒c206二股14時35分⇒ヤチナイ・ヤチナイ林道入り口(採種園先)15時35分



 積丹半島の付け根にある八内岳。地形図をみると、このヤチナイ川からの行程が登り返しがなくて、距離も短く、最も効率的に登れて下れると判断されたが、記録が見当たらなかった。記録があったのは両隣の辰五郎川と発足川からのルートだけで、このルートに関してはあまり事前の情報がなかった。尾根上部の雪庇もたいしたことはなく、八内岳に登るには手ごろだった。念のため、下りのため尾根下降地点と主稜線にデポ旗を打った。
 共和町、仁木町、古平町の3町にまたがる山で、かつては銀、銅を採掘していたという。ヤチナイ川の源流の山でもあり、山名は「やちない」「やつない」の呼び名もあるが、現在は「はちない」が正式名とされ、日本山名辞典(三省堂)では確かに「はちないだけ」名になっている。

この日の軌跡
a0141678_2211584.jpg


ヤチナイ林道の入口
a0141678_137392.jpg

スノーブリッジを使って、c206二股で左股の水流を渡る
a0141678_138575.jpg

尾根上から八内岳(中央)をのぞんで
a0141678_138348.jpg

稜線の両サイドにはダケカンバが連なり、その間が雪の道となっている
a0141678_139137.jpg

a0141678_1392763.jpg

主稜線直下(標高差約50㍍)が、硬くてやや急になったが、シーアイゼン装着ならばスキーで十分に対応できる
a0141678_1395143.jpg
a0141678_1401240.jpg

主稜線に上がり、山頂をのぞむ
a0141678_1404552.jpg

八内岳山頂で
a0141678_1411351.jpg

八内岳山頂から少し滑り降りて、山頂を振り返った
a0141678_1414426.jpg
a0141678_142178.jpg
a0141678_1424053.jpg

c206二股に向かう中尾根を滑り降りる
a0141678_151422.jpg

途中、再び雪模様に
a0141678_653534.jpg


 地形図上の共和町ヤチナイの採種園を左手に見て通り過ぎてc71先、ヤチナイ林道の看板のある地点の手前、ハウス脇まで除雪されていた。ハウス周辺で除雪作業をしていたオヤジさんに断わって道路わきの除雪スペースに車2台をとめさせもらった。山の準備をしていたら、登山に来る人がよほど珍しかったのか、オヤジさんに「この先に何かあるのかい?」と聞かれた。「八内岳に登りたくて」と答えたら不思議そうな顔をするので、「登山ですわ」と言うと、「ああレジャーね」とようやく納得した様子だった。傍に居た皆、苦笑。
 水流が流れるヤチナイ川を右に見ながら林道を約40分進むと、道路がヤチナイ川を渡って右岸の斜面を巻くように取り付けられている地点に達する。ここは川がゴルジュ状になっており、水流が川幅いっぱいに広がっている川中を行けないし、林道をそのまま行くと川から外れてしまいそうなので、正面の段丘を約30㍍上がってまた川に降りた。できるだけ川沿いに段丘を登ったほうがよい。
 c206二股で左股の水流をスノーブリッジを超えて中尾根に取り付いた。下部はブッシュが少しうるさいが、少し登ればブッシュもうすくなり、あとは尾根の一本道。登りだそうとしたら雪が横殴りに降り出し、前方の視界もきかなくなり、モチベーションがぐっと下がる。   
 尾根を登っているうちに雪もやんで、周囲の山々も見えだし、やがて前方に八内岳の白い山稜がくっきりと見えだす。c664先が一部細くなってはいたが、雪庇も落ちてしまったあとか、容易に通過できた。稜線直下が雪面が硬くやや急で、シーアイゼンがないメンバーはシートラーゲン、シーデポで通過した。稜線に上がると眺めが素晴らしい。白い山々が広がり、日本海が近くにのぞめた。山頂までは緩やかで広い尾根になっており、山頂までスキーで行ったほうが帰りに滑れて気持ちがいいだろう。
[PR]

by babishe2009 | 2013-04-01 01:36 | バックカントリー | Comments(0)
line

札幌発バビシェ・マウンテン・クラブの活動記録です


by babishe2009
line