<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


伊佐内川左股~積丹岳(1255㍍)=2012年8月25日

伊佐内川左股~積丹岳(1255㍍)=2012年8月25日
 パッポ隊長(L)、パプ丸、黒猫

■タイム
伊佐内川林道チェーンゲート前6:10⇒入渓6:27⇒c300二股7:10/25⇒c430二股8:35/50⇒藪こぎ突入12:37積丹岳山頂13:38/14:14⇒積丹岳休憩所16:05<下山>
a0141678_2327092.jpg




 24日に仕事を終えて帰宅し、23時過ぎに自宅を出発、約2時間かけて積丹岳休憩所前まで入り、一人で車中泊した。疲れもあってすぐに睡魔に襲われ、5時前に目覚めた。10分もすると林道を上がってくる車音が響き、パッポ隊長、パプ丸さんがやってきた。パプ丸さんとは、小樽・赤岩では会っていたが、これが事実上の初対面。ただパッポ隊長のブログによく登場するので、初対面という感じはなかった。夜には気づかなかったが、休憩所はなかなか整備された小屋だった。以前、スキーで来た時の印象では雪に埋もれて暗いイメージだったが、雪がないと思いのほか明るい小屋だ。
 黒猫車を積丹岳登山道2-3合目の中間に位置する小屋前にデポして、パッちゃんの車で伊佐内川林道に向かう。2・5万分の1地形図で林道が切れるところにあるダムが積丹町の水源地で、その脇に関連施設がある。その手前にチェーンがかけられており、車はチェーン脇に置いて6:10に歩き始めた。天気は上々、前方に積丹岳―北尾根がきれいに見える。林道わきにはススキが秋の気配を漂わせ、夏も終わりが近づいたことをうかがわせる。
a0141678_2342313.jpg
右岸の林道が橋で左岸に付け替えられてすぐに林道は終点となり、その脇から入渓した。出だしから、苔が目立ち、苔蒸した光景がずっと続く。さすがに豪雪の山・積丹岳の北面の沢、水量が多いなと感じた。小一時間歩いて地図上の水線の二股、C300分岐。右股を行けば3月にスキーで滑った右股源頭に出るが、ここは山頂に突き上げる左股を行く。
 C420の15㍍の滝は左岸を高巻く。滝の上で水流は二股に分かれるが、50㍍先でまた合流する。さらに少し行くと、C430二股で、右股には高さ10㍍の滝がかかり、左股には3mの滝かかり、左股を行く。
a0141678_2355441.jpg
その先は登れる滝やナメが次々と出てきて、シャワーを浴びながらの登りが続き、楽しい。特にC700付近の15㍍、5㍍、7―8㍍、5㍍の滝4連発はなかなか登りごたえがある。その後もバリエーションに富んだ渓相が続き、やがて水量も減り、沢が源頭の様相を呈し、水が切れてしばらくすると、草原に出る。
a0141678_23131036.jpg

a0141678_23141951.jpg
a0141678_23143942.jpg
a0141678_23145877.jpg
a0141678_23151531.jpg
a0141678_23153188.jpg
しかしその草原の先にはササやぶ・灌木が広がっている。左方向に進路を撮れば夏道に早く出れそうな感じもするが、草原が一番広がり、沢状をなす中央のくぼ地を目指して進み、やがて根曲がりだけのササ林のトンネルをくぐることしばし、ついに藪こぎ状態に入る。悪戦苦闘の1時間の藪こぎを経て、ほぼ山頂に飛びだした時は、さすがに嬉しかった。積丹のヤブはさすがに濃い。
 登りだしから7時間半での登頂。夏の太陽がさんさんと降り注ぐ中、積丹岳山頂には心地よい風が吹きぬける。北島康介ばりに、超気持ちいい。3人でがっちり握手して、お互いの労をねぎらった。山頂からは余別岳、ポンネアンチシ山が指呼の間に見える。北に目を転ずれば、日本海だ。しばし、素晴らしい眺めに感じ入る。
 あとは整備された登山道を2時間下って、車デポ地点の積丹岳休憩所へ下山。
a0141678_2317456.jpg
登り口の車を回収して、古平町温泉保養センター「しおかぜ」で汗を流して、帰路についた。(by kuroneko)
[PR]

by babishe2009 | 2012-08-25 22:30 | | Comments(0)

【山行部】千走川南東面沢~狩場山、江の島海岸キャンプ(2012年8月11-12日)

千走川南東面沢~狩場山、江の島海岸キャンプ(2012年8月11-12日)
 ◆メンバー 丸ちゃん、ひとみさん、U46、モジコ、モッチ&黒猫

a0141678_10385714.jpg
a0141678_10393718.jpg

 
a0141678_1038946.jpg
 狩場山(1520㍍)東面は吹きだまり効果によって残雪が多い。残雪期の経験から西面の少なさと比べて顕著なものがあると認識している。7月8日に同じルートを行った山友のパーティーの話では残雪が多くて、C1000㍍付近から沢筋は雪渓で覆われ、核心部付近(c1060の25㍍滝、c1180の15㍍滝)周辺には急傾斜の雪渓通過を覚悟していたが、杞憂に帰した。さすがにお盆時期は全く雪がなく、軽アイゼンは不要な装備となった。シャワークライムが多く、残雪が確実に消える8月中下旬がベストの沢と判断される。核心部はC1060のh25㍍滝、C1180のh15㍍の滝の二つ。前者は左岸の藪を巻くか、左岸のルンゼを行くかの選択になる。後者は両岸が切り立っており、左岸のチムニー状のルンゼを登るか、大きく高巻くかの選択となる。登り始めの標高がc680㍍もあり、河原歩きがなく、いきなり沢上流域から入渓というのがこの沢のウリと言える。ナメあり、釜あり、難易度が多様な滝あり、草原の源頭あり…沢の要素もコンパクトに詰まり、手強さ感も若干ある良渓である。
 下山後は、千走川温泉で汗を流し、江の島海岸でキャンプして12日昼に帰札した。狩場山地と日本海を見ながらのキャンプは心地良かった。寝不足と疲れた体には、下山後の「移動なし」ゆったり感は良かったのかなと思う。


<アプローチ>◆8月10日
 6人とも仕事を終えたあと、丸ちゃん、ひとみさん、モジコ、モッチ、黒猫は札幌市南区の道路情報館に集合して、20時40分出発。島牧村の道の駅「よってけ!島牧」に23時半着。単独で先着していたU46さんと合流、テント設営後に25時近くまで安着宴会。

<千走川南東面沢~狩場山>◆8月11日
 ♢タイム 千走川南東面沢出合6:30⇒c1060㍍の大滝8:30⇒c1180滝9:30/10:15⇒稜線<登山道>12:00⇒狩場山山頂12:10/12:55⇒新道登山口15:30

 
 
a0141678_10414719.jpg
 4時半に起床。ロンドン五輪サッカー男子競技の3位決定戦で、「日本が韓国に0-2で敗退」のラジオ放送を聞きながら、6時に道の駅「よってけ!島牧」をスタート。遅い時間の方が天気が良いとの予報で、少し出発時間を遅らせた。新道登山口までひとみさんを送り、一台をデポ、もう一台で千走川南東面沢出合に置いて入渓。古い砂防ダムを越えて進むと、やがてc760分岐。右股を行くことしばしで、美しいナメ帯に突入。ナメと釜が階段状に連なる。ここはこの沢随一のビューポイントであり、しばしウオータースライダー遊びに興じた。
 その先は登れる滝が断続し、飽きさせない。c1060の高さ25㍍の滝は左岸の藪を巻いてクリア、c1180の高さ15㍍の滝は両岸が切り立ち、水流の左岸側のルンゼを使ってザイル確保でクリア。丸ちゃんがうまくリードして後続も続いた。
a0141678_10545375.jpg
ルンゼの中には残置ハーケンが2本あったが、シュリンゲがかかったハーケンに足をかけたら簡単に抜けてしまい、少しずり落ちてしまい、ひやりとした。
a0141678_10441722.jpg
 この滝をクリアすれば、あとは岩っぽい沢筋を詰めていくだけだ。しばらく進むと、草原が広がるようになり、c1400からは斜度の緩いお花畑。エゾカンゾウ、ウサギギクなどの花を見やりながら高度を上げていくと、やがて登山道とぶつかり、10分歩いて狩場山山頂に達した。山頂では、新道を使って尾根から上がったひとみさんが約2時間待つたという。
 山頂で小スイカなどを食してゆっくりし、帰路は登山道で。
 
<江の島海岸でキャンプ>◆8月11-12日
 
a0141678_10451374.jpg
a0141678_1045478.jpg
 賀老林道をそのまま下って千走川温泉で入浴。U46曰く。「ざっくりした露天風呂だった」。納得。海岸線に出た後は道の駅「よってけ!島牧」で、ホタテ、ウニ、ツブの魚介類をゲットし、泊地区のセイコーマート(ここにはBBQ用の肉類が結構置いてあり、わざわざ札幌から持って行く必要はないくらいだった)で酒類を購入し、江の島海岸へ。トイレスペース近くのコンクリート上にテントと宴会場を設営。このころになると、青空が広がり、狩場の山並みもくっきりと見えた。波打ち際まで約30㍍。今宵のメニューはBBQとポトフ。日本海に沈む夕日を見やりながら、炭おこし、野菜切りを分担し、宴に雪崩れ込んだ。潮騒に癒されながら夜は更けゆき、話題は尽きなかった。
 12日は朝からぐんぐん気温が上昇気配。浜辺でスイカ割りをして朝食後のデザートが花を添え、島牧村で完結した2日間を結構満喫し、昼過ぎに帰札した。 黒松内とルスツで道の駅で途中下車して買い物などで時間を使った。(by kuroneko)
[PR]

by babishe2009 | 2012-08-13 10:45 | 山行部 | Comments(0)

ニセイノシキオマップ川「天国の階段」~ニセイカウシュッペ山(1883㍍)=2012年8月9日

ニセイノシキオマップ川「天国の階段」~ニセイカウシュッペ山
 2012年8月9日、自主山行
■メンバー(3人パーティー) パッポ隊長、サイちゃん(会員外)、黒猫



a0141678_1941225.jpg


a0141678_19283480.jpg


a0141678_1929567.jpg

 学生時代、北海道の山に来た帰りに札幌の書店で今はなき山岳雑誌「北の山脈」(北海道撮影社)をパラパラめくっていて、「天国の階段」の写真に衝撃を受けた。こんな沢があるのかと。まさに天上に登るような階段状の滝は、インパクト十分な光景だった。「天国の階段」「天国への階段」とはよく言ったものだ、と思った。写真の滝は、天に向かう階段そのものだったから。
 以来、頭の隅っこに、このニセイノシキオマップ川のことはインプットされたままになっていたが、なかなか出向く機会がなかった。
 今年行きたい沢―ということでパッポ隊長と話していた時、「天国の階段」&「電気の沢」(荒井川)、日高・神威岳「カタルップ沢」が期せずして候補としてお互いの希望で一致。8月のパッちゃんの休みに合わせて9日に休暇を取り、山友のサイちゃんも誘って、まずは無難な「カタルップ沢~神威岳」で計画を立てていた。しかし、事前の天気予報で、なぜか十勝地方は雨なのに上川地方は晴れーとの予報。決行前日になり、代替山行として「天国の階段」に計画シフトすることとなった(計画書点検担当のガクマーさん、申し訳なかったです)。ぱっちゃん&黒猫は初見の沢、サイちゃんは2年ぶり2回目の沢。「初見の時の怖い思い出がトラウマになっている」サイちゃんには申し訳なかったが、「ニセイノシキオマップ川~ニセイカウシュッペ山」山行はこうして実行することとなった。
 8日、札幌・前田森林公園で3人が集結し、黒猫車で道央道経由で層雲峡を目指し、コンビニでビールを買い込み22時30分、層雲峡某所着。テントを張って前祝い宴会。翌9日は4時に起床して車で約10分のニセイノシキオマップ川林道入口へ。草ぼうぼうの林道を少し入ったところでチェーンがかかっており、その手前の空き地に車を置いて出発した。

a0141678_1930221.jpg


<タイム>(8月9日)

ニセイノシキオマップ川林道入口5:04⇒C1069二股6:38/6:55⇒「F1」7:50⇒ローソク岩横稜線9:35/9:50⇒ニセイカウシュッペ山頂10:20/10:50⇒登山道C1540コル11:35⇒ニセイノシキオマップ川本流12:30⇒C1069二股12:40/12:55⇒ニセイノシキオマップ川林道入口14:20<下山>


a0141678_19304521.jpg



a0141678_19314449.jpg


■本編

 スタートからしばらくは左岸沿いの林道を行く。地図の通り、砂防ダムがこれでもか、これでもかと出てくる。20分も行くと、右岸に渡り、またしばらくは林道跡の踏み跡を行くこと10分で、最後の大き目の砂防ダムの先に出る。あとは河原歩きだが、岩石の堆積帯がずっと続く。川床から分厚く堆積しているようで、足を置くと動くので疲れる歩きを強いられる。C1069二股までは、このような堆積河原歩きが続き、下流は「ブタ沢」と言われる由縁なのだろうと理解した。砂防ダムが多いから堆積石が多いのか、堆積石が多いから砂防ダムが多いのか。
 スタートから1・5時間で、C1069二股。二股から左股を行く。しばらくは同じような堆積帯の河原だが、c1250~1320で水流は伏流となった。水流が潜ってしまうくらい堆積した岩石が多いということだろうか。このころになると、進行方向前方に、F1とF2(「天国の階段」)が視界に入ってくる。F2はかなり立っているという印象。水流が復活してすぐのc1400にF1(10㍍)。
 F1の手前に残雪が残っていた。水流の中には手場、足場がしっかりあるが、濡れるのを避けて、左岸側をパッちゃん先頭で登る。後続は、途中から念のためザイルで確保。
 この先から、いよいよF2(天国の階段)が始まる。当たり前だが、「北の山脈」にあった写真と同じだ。ムービーのスイッチを入れ、映像としておさめる。標高差100㍍とされるが、そんなものだろうか。手場、足場がしっかりしているので、難しい登りではない。フリクションをきかせてどんどん登って行く。滑落すればそのまま落ちて行きそうだが、さほどの恐怖感は感じなかった。クライミング的には確かに面白い登りである。写真を撮りながら高度を上げて行くと、あれっ、もう終わりという感じで、意外に短く感じられた。
 さらにしばらく行くと、F3(10㍍)。ぱっちゃんリードで、ハーケンを一本打って、正面突破。後続の2人も続くが、さほどの難しさは感じなかった。

a0141678_193244100.jpg


 あとは階段状の岩盤をひたすら登っていくと、目標のローソク岩が視界に入ってくる。
a0141678_19332121.jpg
ローソク岩めがけて斜度がきつくなった岩盤をさらに登って行くと水流も切れ、最後は草付きを約30㍍登りきると、ローソク岩の右わきに出た。ハイマツ越しにアンギラス(軍艦岩)が視界に飛び込んできた。爽快な眺めだ。

a0141678_1934029.jpg


a0141678_19344184.jpg


 そのまま稜線上を行くか否か迷ったが、最終的に、稜線東側のお花畑を横切り、大槍の基部を東側から回り込んだ。最初不明瞭だった踏み跡は明瞭なものとなり、そのまま大槍を回り込んだところで登山道と合流。約10分歩いてニセイカウシュッペ山頂へ。山頂からの絶景をたんのうした。
 帰りは、登山道をそのまま下り、P1742の西側にあるC1540コルから、ヤブ下降で沢形に入り、ニセイノシキオマップ川本流に合流、あとは来た道を下り、下山。層雲峡温泉で汗を流して帰札した。
(by kuroneko)

a0141678_19352088.jpg


 
[PR]

by babishe2009 | 2012-08-09 18:53 | | Comments(1)
line

札幌発バビシェ・マウンテン・クラブの活動記録です


by babishe2009
line