カテゴリ:岩(冬)( 8 )


20130330八剣山ミックスクライミング

■メンバー
 T田、I野、yosshy
■タイム
 登山口8:00⇒八剣山山頂13:00⇒登山口14:00

 情報館で身支度後に登山口に移動して出発する時になって、yosshyがバイルを忘れたことに気づいた。遠隔地ならこれで山行は終了となるところであるが、往復に1時間を要して自宅に取りに戻った。午前8時気を取り直して再スタート。30分ほど登山道を辿り、その後急な樹林帯を登り第一岩塔取り付きへ。ここでアイゼン・バイルのクライミング装備になり、I野リードでスタート。ほぼ50m目一杯の稜線でイボイノシシを打ち込んでビレイ。稜線に上がると全容が見渡せた。昨年に比べて雪が少ない!この先が少し思いやられる。2ピッチ目吉成先行でクライムダウンし、コルの立木でビレイ。、yosshyリードで雪壁まじりの稜線を行き、イボイノシシを打ち込んでビレイ。コンテで移動後に昨年セットした細い立木の捨て縄で懸垂下降するが頼りなくクライムダウン気味に降りる。T田リードで4ピッチ目を行き、スノバーでビレイ。5ピッチ目吉成リードで稜線を少し登ってから、いやらしいクライムダウン。T田、I野続く。T田リードで最終6ピッチ目を行き、山頂看板奥の立木にてビレイ。後続を引き上げて13時無事に3名八剣山山頂に立った。

 第一岩頭取り付きから約4時間、昨年より1時間ほど早かった。全行程では3時間ほど早かった。昨年より1ヶ月ほど遅かったために稜線上には雪が少なく不安もあったが、その分稜線がしっかりトレースでき、また2回目ということもありルートを熟知していたことから意外とすんなりと完登できた。雪が腐った帰路の夏道の方が足を取られて苦労した。本日の核心であった。札幌市内から30分と身近な割には、各種要素がたくさん詰め込まれていて良い訓練になる。

 
a0141678_0232223.jpg

[PR]

by babishe2009 | 2013-03-31 00:24 | 岩(冬) | Comments(0)

2011/05/03~04:利尻山東北稜

天候不順が予想された中、利尻山へ行ってきました。小雨交じりのスタートでしたが、標高を稼ぐにつれて、雲海を超え、無風快晴状態となりました。
a0141678_2101231.jpg
穏やかな天候のまま推移し、翌朝もご来光を堪能しつつ2日目スタートです。
a0141678_2133160.jpg
しかし、やはり利尻山です。前々日までの雨がガチガチに氷化し緊張を強いられながら先を進めます。
a0141678_2152398.jpg
ピーク着。ここでもアウターを着ていると暑いくらいでした。天候に恵まれ、絶景を眺めることもでき充実した山行となりました。
a0141678_2164058.jpg

[PR]

by babishe2009 | 2011-05-05 02:20 | 岩(冬) | Comments(2)

2011/4/17 定山渓天狗岳

微妙な天候のまま定天Ⅱ峰へ行ってきました。
が・・・。まるで冬のような寒さと強風です。
a0141678_22404156.jpg

取り付きにてロープワークの確認後、登り始めました。
a0141678_22443997.jpg

天候は徐々に回復しながらも強風は変わらないまま、結局時間切れでピークへは行けませんでした。
a0141678_23133141.jpg
こんな日は早く下山して温かい温泉です。ささっと尻滑りして帰りましょう!
a0141678_22471789.jpg

[PR]

by babishe2009 | 2011-04-18 22:52 | 岩(冬) | Comments(0)

11/4/03 定山渓天狗岳(東尾根)

行動時間16時間。疲れました。
a0141678_21311667.jpg

[PR]

by babishe2009 | 2011-04-04 19:02 | 岩(冬) | Comments(0)

11/3/26 赤岩スカイリッジ

ボロボロの岩ですごいスリリングでした。
a0141678_21363216.jpg

[PR]

by babishe2009 | 2011-03-28 23:21 | 岩(冬) | Comments(0)

11/3/20~21 定山渓天狗岳 

中央クーロアール左側面と左クーロアールに行きました。
[PR]

by babishe2009 | 2011-03-28 23:19 | 岩(冬) | Comments(0)

小樽赤岩 西壁ノーマル


小樽赤岩 西壁ノーマル


冬の赤岩は、かなり手強い。
a0141678_1754324.jpg

メンバー 岡さん、Tっかん
天候 雪 かなりの湿雪 
7:00
 峠の途中の広場に駐車。思ったより雪が少なくてちょっと安心。
a0141678_18104765.jpg

 遊歩道から沼崎新道を進み西壁のに到着。雪も少なく湿り雪だったので、スノーシューとわかんをデポ
a0141678_1813050.jpg


7:30
西壁ノーマルの基部に到着。思ったより気温も高く、温度計は+1℃でかなりアツイ。

7:50
 岡さんリードで1P目。出だしのハングに多少苦労するも、あとはなんの苦労もなく抜ける
が、セカンドの自分は、MIXは3回目で、かなりの緊張でかなりてこずる。
a0141678_1893676.jpg


2P目Tっかんリード
 岡さんの気配りで、リードさせてもらう。夏なら駆け上がって行く所なのに、かなりおっかなく感じる。
こんなに寝てる岩なのに。それに、かなりの湿り雪でウェアーはベシャベシャ。
永遠にも感じてくるこのピッチ。
a0141678_18371262.jpg


3P目 岡さんリード
 すぐそこにハングが迫る。夏ならガバつなぎの張ハリボテだが、冬はそうはいかない。
夏なら靴のフリクションでごまかせるが、アイゼンではそうはいかない。けっこう苦労。
このピッチだけで、1時間。
a0141678_18304363.jpg


12:30
2P懸垂下降で無事終了。


夏なら、1時間もあれば降りてこれるのに、やっぱり冬は大変ですね。
でも、たのしかった。いい勉強になりました。
                                             By Tっかん
 
[PR]

by babishe2009 | 2010-12-26 18:38 | 岩(冬) | Comments(0)

2009.12. 4 カミホロ北西稜に虹がかかる

12月4日、カミホロ北西稜に行って参りました。
この日はカミホロらしくなく、朝から穏やかでカミホロを始めとしてから周辺の山が見渡せた
OP尾根パーティと一緒に出発して旧噴付近でスキーデポ
第一岩塔でモーリーが冬季初リードをなんなくこなし残り2人を引き上げる
a0141678_22322172.jpg

核心部を突破して、山頂稜線を見上げると誰かが手を振っている
そしてその後ろには後光が差すように虹がかかっていた
a0141678_22374982.jpg

a0141678_22381330.jpg

ありがたく、手を合わせる(笑)
山頂付近にてOP尾根パーティが強風の中で待っていてくれた
そして、約束の記念写真
a0141678_2235269.jpg

ここまでは、カミホロは風が強いがまずまずの天気だった
下山中、にわかに雲が湧き出し旧噴スキーデポ地についた頃は吹雪模様となる
さすが!これでこそカミホロだ!
帰路、白銀荘で温泉につかっている時は完全な吹雪この日、カミホロキャンプ予定のM・Y・Uの3人は大丈夫だったのだろうか・・・
[PR]

by babishe2009 | 2009-12-06 22:39 | 岩(冬) | Comments(2)
line

札幌発バビシェ・マウンテン・クラブの活動記録です


by babishe2009
line