ニセコアンベツ川~五色温泉=2013年9月21日

ニセコアンベツ川(昆布温泉~五色温泉)=2013年9月21日
 ■メンバー(5人) フナコッシ、shogo、xマン、りんご、kuroneko
 ■タイム 昆布温泉7:45⇒ニセコアンベツ川入渓7:50⇒「第一の滝」高巻き(11:25\55)⇒五色温泉旅館裏12:45(下山)

この日の軌跡
a0141678_1559394.jpg




 昆布温泉と五色温泉を繋ぐ沢の「ホット」ライン。温泉排水の流入が気になり、なかなか足が向かない沢だったが、いろいろな事情が重なり、9月の後半3連休の1日を使って、5人でこの沢に入った。
 前半3連休を雨にたたられ、うっぷん晴らしの沢でもある。青空が広がる中、5人とも期待感に胸ふくらませていたはずだ。今宵の夏山納会の場・五色温泉旧館(自炊棟)前駐車場に車を一台でデポし、昆布温泉の一角、「ホテル甘露の森」裏の廃屋脇に車を置いて、20~30㍍、薄いやぶを漕いで入渓した。入渓ポイントはニセコアンベツ二号川との分岐の少し上流である。水量はさほど多くないように思われた。水も思っていたよりはきれいに見える。希釈されていただけかもしれないがー。
 入渓して約30分、ゴルジュ地形の中の釜の通過は泳ぎを強いられる。気温が低いとおぞましく思われるが、3~4かきで足が水底につくので思い切りだけである。c395の「二段の滝」は左岸に巻き道、c485の「第一の滝」は右岸に巻き道がついている。2つもとも無理せず巻いた。「第一の滝」は過去の記録では懸垂下降で降りたケースもあったが、藪下降、クライムダウンで問題なく河床に降りれた。あとは登れる滝、楽しいへつりが続き、楽しい沢だった。ゴールが温泉なので、ぬれ鼠になっても我慢がきく。
 標高600㍍手前からは平たん地となり、沢越しにニセコアンヌプリ、イワオヌプリの山容が目に入ってくる。沢から、両山を見るのも一興である。やがて道道が視界に入るようになれば、五色温泉はすぐだ。
 五色温泉に近づくにつれ、ロープの端きれ、ビニールシートなどの人工物が沢中に目につき、水温が上がってくる。道道の下に設置されたコンクリート製の流水路を潜り抜けると五色温泉旅館の敷地だった。本流はこの流水路を経て五色温泉旅館・旧館の下をくぐっていた。明らかに、温泉排水がニセコアンベツ川の水源の一部をなしている。到着後すぐ、道内有数の名湯がずぶ濡れの体を芯から温めてくれるのがこの沢の最大の魅力だろう。排水のことさえ気にしなければ、名渓であるのは間違いない。

昆布温泉の一角、「ホテル甘露の森」裏の廃屋脇から沢を目指した
a0141678_160467.jpg

入渓して約30分、「泳ぎ」の釜地点
a0141678_1604788.jpg

c395の「二段の滝」は取りつきが深い釜になっており、左岸の巻き道を使った。秋ともなると釜落ちには躊躇してしまう
a0141678_1611558.jpg

この滝は左、右に分かれて登った
a0141678_163486.jpg

へつりは随所に
a0141678_1631995.jpg

登れる滝はそこそこある
a0141678_1633390.jpg

本流に流れ込む支流の水は問題ない
a0141678_1635574.jpg

c485の「第一の滝」は右岸に巻き道がついている
a0141678_1642924.jpg

しばしの休息
a0141678_1645080.jpg

沢から見たニセコアンヌプリ
a0141678_1645752.jpg

沢から見たイワオヌプリ
a0141678_1652258.jpg

道道をくぐるコンクリート製の流水路が出てきたら、完全遡行のゴールだ
a0141678_1653250.jpg

本流は五色温泉旅館の敷地を流れている。正面が旧館だ
a0141678_1654691.jpg

[PR]

by babishe2009 | 2013-09-23 16:10 | | Comments(0)
line

札幌発バビシェ・マウンテン・クラブの活動記録です


by babishe2009
line