【山行部】「トムラウシ川~ワセダ沢~トムラ回遊、ヌプントムラウシ温泉」=2012年9月15-17日

「トムラウシ川~ワセダ沢~トムラウシ山回遊」=2012年9月15-16日、山行部企画山行

■メンバー フナッキー、ひとみ、u46、もっち、黒猫
■タイム
<9月15日> c987地点10:09トムラウシ川入渓地点11:35/12:07⇒地獄谷16:12
<9月16日> 地獄谷6:15⇒ワセダ沢出合8:15⇒北沼脇稜線12:15⇒南沼13:05/13:30⇒トムラ短縮登山口18:00<下山>トムラウシ温泉で入浴後、ヌプン小屋へ(17日昼まで滞在)



2日間の軌跡
a0141678_6453431.jpg


トムラウシ川は水量も多く、スクラム渡渉も交えて渡渉を繰り返した
a0141678_19030.jpg

a0141678_1105212.jpg


 計画では、15日に地獄谷、16日は南沼でテント泊し、17日にトムラウシ温泉に下山する予定だったが、天気が悪いこともあり、トムラウシ山頂は断念し、16日中に一気にトムラウシ温泉に下り、その日はヌプントムラウシ温泉まで移動し、ヌプン小屋に宿泊、17日昼まで朝風呂&釣りなどで過ごして滞在した。
 15-16日の2日間で都合29.4㌔歩いたことになる。特に16日は雨が断続的に降り、南沼~トムラウシ温泉の下りは登山道が泥道と化し、つらかったと思う。最後まで頑張ったメンバーの皆さんに感謝したい。15日に泊まった地獄谷では東京・三峰山岳会の5人パーティーとの合同宴会となり、満天の星空のもと、焚火を囲んで、楽しいひとときを過ごさせてもらった。三峰山岳会の皆さんにも厚く感謝したい。

 3連休初日の15日5時、フナッキーさんが泊まっている札幌グランドホテル前に黒猫車、u46車に5人が集まり、札幌を後にした。道央道、道東道を経由して十勝清水ICで降りて、あとは下道を使ってトムラウシ温泉へ。途中、新得のコンビニで酒、ランチなどを買った。トムラウシ温泉から、トムラウシ山短縮コース登山口まで入り、u46車をデポ、黒猫車に5人が乗り、カムイサンケナイ川の神威橋を渡って、前トムラウシ山南東尾根上の林道へ。しかし、c987手前に「通行止め」の移動ゲートが林道を塞いでいたので、その手前に車を置いて歩きだす。実際はc934先まで車で入れ、そこにヤマクニさんたち三峰山岳会の車があった。約30分、余計に林道を歩いたことになる。駐車スペースの少し先が林道崩壊地で、あとは林道跡の夏道状のところをトムラウシ川の入渓地点まで歩いた。我々が車をとめたところから速足で1・5時間かかった。9月中旬というのに、夏の日差しが照り付け、入渓が待ち遠しかった。入渓地点まで夏道というか、踏み跡がしっかりついており、それをずっとたどっていけば迷うことはない。さすが、伝統の名渓、人が相当に入っていることがうかがえる。
 渇水期のはずなのに、トムラウシ川は思いのほか水量が多い。先日来の多雨の影響もあるのだろうか。12:07、入渓地点を出発し、スクラム徒渉も交えながら、右岸、左岸と行き来しながら今宵のテン場・地獄谷を目指す。事前に三峰山岳会が先行して入渓していることは分かっていたが、時々、石の上に濡れた足跡が残されており、たぶん1時間程度の差かと思われた。テント2泊分の荷もこたえ、意外に徒渉にてこずったが、何とかc1060分岐まで来ると、右股の少し先から蒸気が上がっているのが見え、硫黄臭が立ち込めていた。入渓から4時間かかって地獄谷に到着、左岸側の高台に三峰山岳会の皆さんがバビシェ用にテン場を整地してくれていたので、そこにテントを設営。感謝。

トムラウシ川c1060分岐まで来ると、地獄谷の噴煙、蒸気が見えて、思わずバンザイ
a0141678_114770.jpg

 地元の山岳ガイドから、地獄谷は左岸のテン場が洪水で荒れてしまい、右岸に新たなテン場の設営が多いようだーとの事前情報をもらっていたが、まあ、たいして変わらない感じであった。左岸奥に「地獄」があり、盛んに噴煙、蒸気が上がっていたが、右岸、左岸の際からも熱水が沢に入り込んでおり、沢は硫黄臭たっぷりという感じだった。途中、魚影は見えていたので、たぶん釣れるだろうとタカをくくっていたが、実際、釣竿を出してみるとまるでアタリがなく、温泉成分が濃い地獄谷周辺では釣りは難しいのかもしれない。食事準備が先行していた三峰山岳会の焚火の周りに混ぜてもらうことになり、焚火を囲んで、「地獄谷合同宴会」へ。満天の星空のもと、10人で楽しいひとときを過ごし、就寝した。

地獄谷の宴
a0141678_1583914.jpg


16日、地獄谷出発の朝、ヒサゴ沢を目指す三峰山岳会、ワセダ沢を目指すバビシェの合同記念ショット
a0141678_126462.jpg


 16日未明になり、雨音がテントをたたく音で目が覚めたりしたが、朝起きた時にはやんでいた。天気は曇り。三峰山岳会はヒサゴ沢~ヒサゴ沼~南沼、われわれはワセダ沢~北沼~南沼の予定だが、16、17日と天気が悪いことが予想できたので、今日16日に一気に下山できるなら下山する予定に切り替え、三峰山岳会とともに6時過ぎに地獄谷を出発した。c1060二股からトムラウシ川左股に入り、水量の多い沢筋を行く。c1210二股は水量比で「左股1対右股3」。地形図上の水線の長さに惑わされてしまうが、水線の長いワセダ沢は貧弱な左股である。先行していた三峰山岳会が右股に入って行くのを確認しながら、われわれは左股へ。ワセダ沢の出だしはしばらくは沢筋も細く、これで大丈夫かと思わせるが、やがて両側が開け、美しい渓相となってくる。このころになって雨が降り出し、モチベーションがぐっと下がる。c1275~1340に小滝が連続する一帯があるが、これを越してしまえば、あとは何もない易しい沢だ。そのうちに両岸が大きく開け、開放感がウリと言える。水が途切れると、あとは雪渓が運んだ堆石のガレ場、お花畑がえんえんと続く。花の時期にはさぞや美しい景観になるのだろう。わずかに残る雪渓の脇を詰めれば北沼脇の稜線上の登山道にぶつかった。

ワセダ沢の出だしはこんな感じだ
a0141678_1292227.jpg


c1275~1340には小滝が断続する
a0141678_1343297.jpg


やがて沢筋から水が消え、両側が開けてくる
a0141678_1361288.jpg


源頭の光景
a0141678_1373333.jpg


稜線に出て、登山道で、北沼⇒南沼へ
a0141678_140277.jpg



 このころになると雨も強くなり、トムラウシ山頂は断念し、う回路を使って南沼へ。沢道具をはずして、あとは登山道をを短縮コース登山口まで下った。登山口に着いた時には18:00になっていた。行動開始から12時間行動となってしまった。さすがに疲れた。車を回収後、トムラウシ温泉で入浴し、小雨、霧の中、今宵の宿泊地・ヌプントムラウシ温泉へ。ヌプン小屋に着いたのは22:00を回っていた。小屋には温泉目当ての道外からの旅人2人がいて宴会中。われわれも24:00ころまで酒宴を開き、心地よい眠りについた。
 17日朝は三々五々、温泉で朝風呂を楽しんだり、釣りをしたり、汚れものをヌプントムラウシ川で洗ったりでゆったり過ごし、昼まで滞在。帰る道すがら、国道38号沿いの「新得そばの館」で蕎麦、蕎麦ソフトなどを食し、苫小牧、札幌に帰った。

ヌプントムラウシ温泉の休日


ヌプン小屋
a0141678_146253.jpg

ヌプントムラウシ温泉
a0141678_1463252.jpg

釣り上げたオショロコマ
a0141678_1474466.jpg

[PR]

by babishe2009 | 2012-09-19 01:02 | 山行部 | Comments(0)
line

札幌発バビシェ・マウンテン・クラブの活動記録です


by babishe2009
line